グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
諏訪 一幸(SUWA Kazuyuki)
出生年月
1958年12月
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 教授
国際関係学研究科 教授(兼務)
電話番号
054-264-5303
部屋番号
一般教育棟2501号室
Eメールアドレス
ksuwa (ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://ir.u-shizuoka-ken.ac.jp/ksuwa/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/112bsuwa.pdf

学歴

1986年3月 東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業
2004年3月 日本大学総合社会情報研究科博士前期課程修了


学位

国際情報学修士(日本大学・2004年)


専門分野

現代中国、日中関係


担当科目

【学部】現代中国論、中国近現代史、演習
【大学院】中国政治外交研究


主要研究テーマ

中国共産党の統治システム(組織、人事管理など)
日中関係(ポスト冷戦時代)


所属学会

アジア政経学会
台湾学会
国際政治学会
日中関係学会


主な経歴

外務省(1986年~2004年)
北海道大学(2004年~2008年)


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
1.「全国人民代表大会常務委員会と中国共産党指導体制の維持」山田紀彦編『独裁体制における議会と正当性』アジア経済研究所、2015年、35-67
2. 中国共産党の幹部管理政策-「党政幹部」と非共産党組織、『アジア研究』第50巻第2号107-125頁、2004年
3. 胡錦濤時代の幹部管理制度-「人材」概念の導入から見た共産党指導体制の変容可能性、『国際政治』第145号109-125頁、2006年
4. 中国共産党権力の根源-「人材的保障措置」の視点から、『中国共産党のサバイバル戦略』235-269頁、2012年
5.「群体性事件」と中国社会、『日中文学文化研究』(No.2 2013)1-16頁、2013年
6.「半年を過ぎた習近平政権-内政と外交」東京財団『Views on China 中国の今、プロが観るⅠ』2013年9月、15-20ページ
7.「習近平の腐敗撲滅闘争-薄熙来裁判と『整風』」東京財団『Views on China 中国の今、プロが観るⅡ』2014年2月、9-15ページ
8.「習近平政権の1年」拓殖大学海外事情研究所『海外事情』2014年2月号、2-15ページ


教育・研究に対する考え方

明確かつ強烈な問題意識、あくなき探究心、冷静さ


研究シーズ集に関するキーワード

中国、中国共産党、適応力、日中関係、一帯一路


モバイル表示

PC表示