グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
三宅 正紀(MIYAKE Masaki)
所属・職名
薬学部薬科学科(免疫微生物学分野) 講師
薬学研究院(免疫微生物学教室) 講師(兼務)
Eメールアドレス
miyakem@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/bisei/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_01_056.pdf

学歴

1990年3月 東京薬科大学薬学部衛生薬学科卒業
1991月3月 東京薬科大学薬学部専攻生修了
1993年3月 東京薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了
1997年3月 岐阜大学大学院医学研究科形態系専攻修了

学位

博士(医学)(1997年・岐阜大学)

専門分野

細菌学、微生物学、感染症学

担当科目

微生物学、微生物学特論、生物系薬学実習Ⅱ、基礎生物学実習、科学演習I、薬学特別実験I、講座特別演習I、総合薬学研究

主要研究テーマ

  • レジオネラ属菌の細胞内寄生・増殖性に関する分子細胞生物学的研究
  • ヘリコバクター・シネディの病原機構に関する研究
  • 結核治療を目的とした経肺投与製剤の開発に関する研究
  • サルモネラ属菌の腸管上皮細胞への付着・侵入機構に関する研究

所属学会

日本薬学会
日本細菌学会
アメリカ微生物学会
日本感染症学会
マクロファージ分子細胞生物学会

主な経歴

1997年4月 岐阜大学医学部微生物学講座 研究生 、国立予防衛生研究所細菌部協力研究員
1997年5月 静岡県立大学薬学部 助手
1999年6月~8月 米国ケンタッキー大学客員研究員 (Dr. Yousef Abu Kwaik)
2000年5月 静岡県立大学薬学部 講師
2000年8月 米国コロンビア大学博士研究員(Dr.Howard A.Shuman)
2001年8月 静岡県立大学薬学部講師(復職)

受賞歴

2007年 日本薬学会東海支部 学術奨励賞
2016年 第28回微生物シンポジウム ベストアブストラクト賞

主な社会活動

国立研究開発法人科学技術振興機構研究成果最適展開支援プログラム専門委員(2013~2017)
国立研究開発法人科学技術振興機構マッチングプランナープログラム専門委員(2015~2017)
国立研究開発法人科学技術振興機構地域産学バリュープログラム専門委員 (2017~)

主要研究業績

  • Amoebal endosymbiont Neochlamydia protects host amoebae against Legionella pneumophila infection by preventing Legionella entry. Microbes. Infect., pii: S1286-4579(18)30001-7, 2018.
  • Sequences of Legionella pneumophila JR32 and Lp01 laboratory strains domesticated in Japan. Genome Announc.,. e00791-16, 2016
  • Recombinant IgA specific for influenza A virus hemagglutinin: production, functional analysis and formation of secretory IgA. Viral Immunol., 28, 170-178, 2015.
  • A platelet-activating factor (PAF) receptor deficiency exacerbates diet-induced obesity but PAF/PAF receptor signaling does not contribute to the development of obesity-induced chronic inflammation. Biochem. Pharmacol., 93, 482-495, 2015.
  • Shiga toxin-induced apoptosis is more efficiently inhibited by dimeric recombinant hybrid-IgG/IgA immunoglobulins than by the parental IgG monoclonal antibodies. Virulence, 5, 819-824, 2014.
  • Stable expression and characterization of monomeric and dimeric recombinant hybrid-IgG/IgA immunoglobulins specific for Shiga Toxin. Biol Pharm Bull., 37, 1510-1515, 2014.
  • Phagocytic entry of Legionella pneumophila into macrophages through phosphatidylinositol 3, 4, 5-trisphosphate-independent pathway. Biol. Pharm. Bull. 35, 1460-1468 2012.
  • Ciliates expel environmental Legionella-laden pellets to stockpile food. Appl Environ Microbiol. 78, 5247-5257 2012.
  • Proteomic analysis of growth phase-dependent expression of Legionella pneumophila proteins which involves regulation of bacterial virulence traits. PLoS One. 22;5(7):e11718., 2010.
  • レジオネラの宿主細胞内増殖性に関する研究. 薬学雑誌, 128, 1763-1770, 2008.
  • Elevated production of Legionella-specific immunoglobulin A in A/J mice is accompanied by T-helper 1-type polarization. Immunology Letters, 121, 123–126, 2008.
  • Exclusion of actin-binding protein p57/coronin-1 from bacteria-containing phagosomes in macrophages infected with Legionella. Biol. Pharm. Bull. 31, 861–865, 2008.
  • Evasion of Legionella pneumophila from the bactericidal system by reactive oxygen species (ROS) in macrophages. Microbiol., Immunol., 51, 1161-1170,2007.
  • Differences in protein synthesis between wild type and intracellular growth-deficient strains of Legionella pneumophila in U937 and Acanthamoeba polyphaga. Microb. Pathog., 40, 161-170, 2006.
  • Characterization of Legionella pneumophila pmiA, a gene essential for infectivity of protozoa and macrophages. Infect. Immun., 73, 6272-6282,2005.
  • Restricted expression of shiga toxin binding sites on mucosal epithelium of mouse distal colon. Infect. Immun., 71, 985-990,2003.
  • Serological analysis of human leptospirosis in the Philippines. Microbiol Immunol., 45, 93-95, 2001.

教育・研究に対する考え方

教育:高度な基礎・専門知識を習得することにおいてはもちろん、学術的な面以外でも、社会の一般常識がきちんと身についた上で様々な物事に対して自身の意見・考えを持つことができ、自らの行動に責任が取れる人間性を構築できるようサポートしていきたいと考えています。
研究:感染現象は、病原体と宿主との相互作用によって惹起される分子レベルの特異的現象として見つめることができます。病原体は、実に巧みな独自の機構をもって驚くべき現象を生み出します。そのしくみを解き明かすことは、生物学の新たなパラダイムの提唱につながる可能性をも生じる科学的にこれ以上ない興味を奮い立たせるものであると共に、当該感染症制御の基盤となる知識・情報を産出する有意義な且つやりがいのあるものと考えています。

研究シーズ集に関するキーワード

細胞内寄生菌,感染予防・治療,レジオネラ,マクロファージ,アメーバ,お茶,カテキン類

モバイル表示

PC表示