グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:齊藤 真也

氏名
齊藤 真也(SAITO Shinya)
出生年月
1966年3月
所属・職名
薬学部薬学科(薬理学分野) 准教授
薬学研究院(薬理学教室) 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5692
部屋番号
薬学部棟6306号室
Eメールアドレス
synsaito(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/pharmaco/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/8ssaito.pdf

学歴

1991年3月 東京大学農学部獣医学科卒業
1995年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了


学位

博士(獣医学)(東京大学・1995年)


専門分野

薬理学


担当科目

薬理学、薬理学実習、機能形態生理学、薬物作用学、臨床薬理学


主要研究テーマ

・平滑筋の興奮-収縮連関の解明
・天然生理活性物質の作用機序の解明


所属学会

日本薬理学会
日本薬学会
日本生化学会
日本獣医学会
日本平滑筋学会


主な経歴

1995年8月 岩手大学農学部 助手
1998年7月 東北大学薬学部 助手
2005年4月 東北大学大学院医学系研究科 助手


主な社会活動

 


主要研究業績

Abnormal features in mutant cerebellar Purkinje cells lacking junctophilins. (Ikeda, A., Miyazaki, T., Kakizawa, S., Okuno, Y., Tsuchiya, S., Myomoto, A., Saito, S., Yamamoto, T., Yamazaki, T., Iino, M., Tsujimoto, G., Watanabe, M. and Takeshima, H.) Biochem. Biophys. Res. Commun. 363: 835~839. (2007)
Molecular and electrophysiological characteristics of K+ conductance sensitive to acidic pH in aortic smooth muscle cells of WKY and SHR. (Kiyoshi, H., Yamazaki, D., Ohya, S., Kitsukawa, M., Muraki, K., Saito, S., Ohizumi, Y. and Imaizumi, Y.) Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol. 291: H2723-H2734. (2006)
Disturbance of cerebellar synaptic maturation in mutant mice lacking BSRPs, a novel brain-specific receptor-like protein family. (Miyazaki, T., Hashimoto, K., Uda, A., Sakagami, H., Nakamura, Y., Saito, S., Nishi, M., Kume, H., Tohgo, A., Kaneko, I., Kondo, H., Fukunaga, K., Kano, M., Watanabe, M. and Takeshima, H.) FEBS Lett. 580: 4057-4064. (2006)
Ephedra Herba (Mao) decreased histamine content in RBL-2H3 cells. (Saito, S., Kamiyama, S. and Ohizumi, Y.) J. Nat. Med. 60: 225-230. (2006)
Low extracellular Cl environment attenuates changes in intracellular pH and contraction following extracellular acidosis in Wistar Kyoto rat aorta. (Rohra, D. K., Saito, S. and Ohizumi, Y.) Pharmacology 75: 30-36. (2005)
The combination of rat mast cell and rabbit aortic smooth muscle is the simple bioassay for the screening of anti-allergic ingreditent from methanolic extract of Corydalis Tuber. (Saito, S., Tanaka, M., Matsunaga, K., Li, Y. and Ohizumi, Y.) Biol. Pharm. Bull. 27: 1270-1274. (2004)
Inhibitory Effect of Mao-Bushi-Saishin-to on Prostaglandin E2 Synthesis in C6 Rat Glioma Cells. (Saito, S., Kamiyama, S., Oda, M., Nakahata, N. and Ohizumi, Y.) Biol. Pharm. Bull. 27: 1133-1135. (2004)
Amphidinolide H, a novel type of actin-stabilizing agent isolated from dinoflagellate. (Saito, S., Feng, J., Kira, A., Kobayashi, J. and Ohizumi, Y.) Biochem. Biophys. Res. Commun. 320: 961-965. (2004)
RA-VII, a cyclic depsipeptide, changes the conformational structure of actin to cause G2 arrest by the inhibition of cytokinesis. ( Fujiwara, H., Saito, S., Hitotsuyanagi, Y., Takeya, K. and Ohizumi, Y.) Cancer Lett. 209: 223-229. (2004)


教育・研究に対する考え方

教育:論語の有名な言葉に「学而不思則罔、思而不学則殆」があります。知識を学ぶことはもちろん大事ですが、それを理解してはじめて自分の血となし肉となすことができるのです。私の仕事とはその手助けをすることにあります。
研究:研究をする上で大事な姿勢は、仮説を立てるときには常識にとらわれずに大胆であること、しかし目の前にある事実には謙虚であることです。研究は苦労の多い仕事ですが、その中にあって結果が得られることは無上の喜びでありその感動を多くの人と分かち合っていくのが望みです。


研究シーズ集に関するキーワード

肝線維症、肝星細胞、肝臓、カフェイン、筋線維芽細胞


モバイル表示

PC表示