グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:江木 正浩

氏名
江木 正浩(EGI Masahiro)
出生年月
1971年8月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品有機化学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
電話番号
054-264-5542
部屋番号
食品栄養科学部棟5402号室
Eメールアドレス
egi@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1995年3月 大阪大学薬学部製薬化学科卒業
2000年3月 大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了

学位

博士(薬学)(大阪大学・2000年)

専門分野

有機合成化学、天然物化学、遷移金属化学

担当科目

有機化学Ⅰ、有機化学Ⅱ、有機化学Ⅲ、有機化学Ⅳ、食品科学英語Ⅱ、有機化学特論、食品生命科学実験Ⅰ

主要研究テーマ

  • 食品成分ファイトケミカルの合成研究
  • 新規蛍光プローブの創製
  • 遷移金属を用いる新規反応の開発

所属学会

日本農芸化学会
日本化学会
日本プロセス化学会
日本薬学会
有機合成化学協会

主な経歴

2000年8月 米国エモリー大学博士研究員(Lanny S. Liebeskind教授)
2002年1月 米国カンザス州立大学博士研究員(Duy Hua教授)
2003年4月 静岡県立大学 薬学部 助手
2006年9月 静岡県立大学 薬学部 講師
2013年10月 静岡県立大学 薬学部 准教授
2016年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部 教授

受賞歴

2010年7月 平成22年度 日本薬学会東海支部学術奨励賞 (日本薬学会東海支部)
2011年8月 2011 International Symposium on Process Chemistry 優秀賞 (日本プロセス化学会)

主な社会活動

第42回反応と合成の進歩シンポジウム 実行委員(2016年11月 静岡) 
日本薬学会 トピックス専門小委員(2009-2010年)

主要研究業績

  1. Central–Axial–Central Chirality Transfer: Asymmetric Synthesis of Highly Substituted Indenes Bearing a Stereogenic Quaternary Carbon Center from Optically Active Propargyl Alcohols Chem. Commun. 2015, 51, 380.
  2. Efficient Intramolecular Cyclizations of Phenoxyethynyl Diols into Multisubstituted α,β-Unsaturated Lactones Org. Lett. 2013, 15, 4150.
  3. A Mesoporous-Silica-Immobilized Oxovanadium Cocatalyst for the Lipase-Catalyzed Dynamic Kinetic Resolution of Racemic Alcohols Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 3654.
  4. Heteropolyacid-Catalyzed Direct Deoxygenation of Propargyl and Allyl Alcohols J. Org. Chem. 2012, 77, 7092.
  5. Heteropoly Compound-Catalyzed Switchable Synthesis of Both (Z)- and (E)-α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 12197.
  6. Development of Environmentally Benign Transformations via 1,3-Transposition of Hydroxyl Group YAKUGAKU ZASSHI 2011, 131, 1453.
  7. Reusable and Durable Immobilized-Cationic Gold(I) Catalysts for Environmentally Benign Bond-Forming Reactions Adv. Synth. Catal. 2011, 353, 287
  8. One-Pot Synthesis of Optically Active Allyl Esters via Lipase-Vanadium Combo Catalysis Org. Lett. 2010, 12, 4900.
  9. Cationic Gold(I)-Catalyzed Intramolecular Cyclization of γ-Hydroxyalkynones into 3(2H)-Furanones J. Org. Chem. 2010, 75, 2123.
  10. Cationic Gold(I) Mediated Intramolecular Cyclization of 3-Alkyne-1,2-diols and 1-Amino-3-alkyn-2-ols: A Practical Route to Furans and Pyrroles Org. Lett. 2009, 11, 5002.
  11. Mo–Au Combo Catalysis for Rapid 1,3-Rearrangement of Propargyl Alcohols into α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds Org. Lett. 2008, 10, 1867.

教育・研究に対する考え方

常識に縛られることなく自由な発想で新たな反応開発を行い、これを用いて天然物の全合成研究を行っています。研究活動は過去の成果の蓄積や周りの人達のサポートによって支えられており、一人で出来るものではありません。他人の立場を尊重し、感謝しながら取り組んで欲しいと思っています。

モバイル表示

PC表示