グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
山田 浩(YAMADA Hiroshi)
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品情報解析学分野) 教授
薬学研究院(医薬品情報解析学教室) 教授(兼務)
健康支援センター長
Eメールアドレス
hyamada(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/druginfo/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/33hyamada.pdf

学歴

1981年3月 自治医科大学医学部医学科卒業
1994年3月 自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了


学位

医学博士(自治医科大学・1994年)


専門分野

臨床薬理学、神経内科学、内科学、医薬品情報学、臨床統計学、創薬育薬医学


担当科目

医薬品情報学、統計学、疾患学、薬剤発達史入門、CRC/CRA養成講座「創薬育薬基礎・応用特論」


主要研究テーマ

・医薬品および健康食品等の有効性・安全性の評価・解析に関する研究
・創薬候補化合物の有用性・安全性を検証するための研究
・治験・臨床試験実施体制のインフラストラクチャー整備に関する研究
・CRC養成・教育に関する研究


所属学会

米国内科学会(上級会員: FACP)
日本臨床薬理学会(専門医、指導医、評議員)
日本内科学会(総合内科専門医、認定内科医)
日本神経学会(専門医、指導医)
日本医薬品情報学会(評議員)
日本薬理学会(評議員)
日本薬学会
日本薬剤疫学会


主な経歴

1981年5月 静岡県立総合病院研修医
1983年4月 焼津市立総合病院内科医員
1986年4月 小笠診療所長
1990年4月 自治医科大学医学部大学院(神経内科学)
1994年4月 自治医科大学神経内科学講座助手
(1994~1996年スウェーデン、カロリンスカ研究所・臨床薬理学教室留学)
1997年4月 聖隷浜松病院総合診療内科医長
1998年4月 聖隷浜松病院総合診療内科部長・治験事務局長
2001年9月 浜松医科大学医学部附属病院臨床研究管理センター助教授
2005年4月より現職(静岡県立総合病院神経内科、自治医科大学非常勤講師、浜松医科大学非常勤講師兼務)


主な社会活動

静岡県治験ネットワーク支援倫理委員会副委員長
静岡県工業技術研究所倫理審査委員会委員長
静岡県立総合病院治験審査委員会委員
浜松治験ネットワーク治験審査委員会外部委員
静岡市立静岡病院治験審査委員会外部委員
静岡市健康福祉審議会委員(健康づくり専門分科会長)
日本臨床薬理学会理事
日本臨床薬理学会 東海北陸地方会 監事
茶学術研究会役員


主要研究業績

○学術論文
1. Methods for estimating causal relationships of adverse events with dietary supplements. BMJ Open. 5(11):e009038, 2015.
2. Effects of green tea gargling on the prevention of influenza infection in high school students: A randomized controlled study. PLoS ONE 9: e96373, 2014.
3. Green tea consumption affects cognitive dysfunction in the elderly: A pilot study. Nutrients 6: 4032-42, 2014.
4. Anti-stress effect of theanine on students during pharmacy practice: Positive correlation among salivary α-amylase activity, trait anxiety and subjective stress. Pharmacol Biochem Behav. 111:128-135, 2013.
5. Green tea consumption is inversely associated with the incidence of influenza infection among schoolchildren in a tea plantation area of Japan. J Nutr 141: 1862-1870, 2011
6. Effects of Green Tea Catechins and Theanine on Preventing Influenza Infection among Healthcare Workers: A Randomized Controlled Trial. BMC Complement Altern Med 11: 15, 2011.
7. A randomized controlled study on the effects of gargling with tea catechin extracts on the prevention of influenza infection in healthy adults. Jpn J Clin Pharmacol Ther 38: 323-330. 2007.
8. Tea polyphenols in preventing cardiovascular diseases. Cardiovasc Res 73:439-440, 2007.
9. Gargling with tea catechin extracts for the prevention of influenza infection in elderly nursing home residents:
a prospective clinical study. J Altern Complement Med 12: 669-672, 2006.
10. A randomized clinical study of tea catechin inhalation effects on methicillin-resistant Staphylococcus aureus in
disabled elderly patients. J Am Med Dir Assoc 7: 79-83, 2006.
11. Effects of Ginkgo biloba extract on pharmacokinetics and pharmacodynamics of tolbutamide and midazolam in healthy
volunteers. J Clin Pharmacol 46: 1290-1298, 2006.
12. Application of a newly designed electronic monitoring device for press through packaging sheets in a clinical trial.
Br J Clin Pharmacol 61: 238-239, 2006.
13. Lymphocyte and plasma vitamin C levels in type 2 diabetic patients with and without diabetes complications.
Diabetes Care,27: 2491-2492,2004.
14. New electronic device for monitoring medication compliance. Am J Health-Syst Pharm 60: 1910-1911, 2003.
15. Effects of tea catechin Inhalation on methicillin-resistant Staphylococcus aureus in elderly patients in a hospital ward.
J Hosp Infect 53: 229-231, 2003.

○著書
1. Protective effects of tea against lung/pulmonary ailments. In Protective Effects of Tea on Human Health.
CABI publishing. Oxford, pp.149-157, 2006.


教育・研究に対する考え方

教育:学生・大学院生が、基礎研究を踏まえた上で、人における医薬品や健康食品等の有効性や安全性の評価・解析が効果的に身につく様に教育する。
研究:医薬品情報の効果的な評価・解析に関する研究を行なうことにより、人類の福祉に貢献する。


研究シーズ集に関するキーワード

健康食品、茶カテキン、臨床試験,生物統計学、生物統計コンサルテーション、ランダム割付


モバイル表示

PC表示