グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
谷澤 康玄(YAZAWA Yasuharu)
出生年月
1963年12月
所属・職名
薬学部薬学科(薬局管理学分野) 助教
薬学研究院(臨床薬剤学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5857
部屋番号
薬学部棟6618号室
Eメールアドレス
yazawa(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/rinyaku/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/35yazawa.pdf

学歴

1988年3月 東北薬科大学薬学部薬学科卒業
1995年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士課程修了


学位

薬学博士(静岡県立大学・1995年)


専門分野

医療薬学、和漢薬・生薬学


担当科目

病院・薬局実習、医薬品安全性学、医薬品情報学、薬学と社会、防災と医療


主要研究テーマ

・生活習慣病の治療および予防に関する研究
・薬物治療に及ぼす健康食品の影響に関する研究
・後発医薬品の製剤学的同等性に関する研究
・漢方薬およびその成分の作用機序に関する研究


所属学会

日本薬学会
日本癌学会
和漢医薬学会
日本未病システム学会
日本臨床栄養協会
日本地域薬局薬学会


主な経歴

1995年 養命酒製造株式会社中央研究所研究員
1996年 静岡県立大学薬学部助手
2002年 静岡県立総合病院薬剤部主任(兼務)
2007年 静岡県立大学薬学部助教
(資格) 漢方薬・生薬認定薬剤師、NR・サプリメントアドバイザー、甲種危険物取扱者


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
エルゴステロールの膀胱発癌予防効果の検討、The Journal of Japan Mibyou System Association, 12(1), 136(2006).
Antitumor promoting effect of an active components of Polyporus, ergosterol and related compounds on rat urinary bladder carcinogenesis in a short-term test with concanavalin A; Biological & Pharmaceutical Bulletin 23(11), 1298, 2000.

○著書
トピックス・潰瘍性大腸炎に対する新規作用機序の治療薬登場なるか?ファルマシア、Vol. 43 (4)、358、2007


教育・研究に対する考え方

教育面では知識や技術の習得に留まらず、結果を予測しそこに至るまで、あるいは回避するための手段を構築できるような、社会に貢献できる人材を育成したい。研究面では中医学の「未病」思想を現代医学に応用し、漢方薬を含む薬物療法と、食養生とを融合させた疾患とくに生活習慣病の治療と予防に関する研究を行いたい。 


研究シーズ集に関するキーワード

かかりつけ薬局、おくすり手帳、一般用医薬品(OTC)、漢方薬、健康食品/サプリメント、CAM


モバイル表示

PC表示