グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:高橋 忠伸

氏名
高橋 忠伸(TAKAHASHI Tadanobu)
所属・職名
薬学部薬学科(生化学分野) 准教授
薬学研究院(生化学教室) 准教授(兼務)
Eメールアドレス
takahasi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/biochem/intro.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/2ttakahashi.pdf

学歴

1999年3月 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
2001年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期課程薬学専攻修了
2004年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士後期課程薬学専攻修了


学位

博士(薬学)(静岡県立大学・2004年)


専門分野

生化学、糖鎖生物学、ウイルス学、分子生物学


担当科目

生物系薬学実習Ⅰ、基礎薬学・医用工学実習、科学演習、生物化学Ⅲ・Ⅳ、ウイルス学、糖鎖生物学、薬学英語、生化学特論、糖鎖生化学特論


主要研究テーマ

・ウイルス表面糖タンパク質における糖鎖の機能解明
・ウイルス感染増殖における宿主細胞応答と複合糖質の機能解明
・細胞表面糖鎖分子の発現制御に関する研究
・糖鎖構造に基づく抗ウイルス剤設計およびウイルス検出剤開発


所属学会

日本薬学会
日本生化学会
日本糖質学会
日本ウイルス学会
バイオインダストリー協会


主な経歴

2004年4月 (独)科学技術振興機構 戦略的創造事業(CREST)「糖鎖の生物機能の解明と利用技術」 博士研究員
2006年4月 静岡県立大学薬学部 助手(大学院兼任)
2007年4月 静岡県立大学薬学部 助教(大学院兼任)
2010年4月 米国ウィスコンシン大学獣医学部 インフルエンザ研究所 Visiting Scientist(1年間)
2013年4月 静岡県立大学薬学部 講師(大学院兼任)
2015年6月 静岡県立大学薬学部 准教授(大学院兼任)


受賞歴

1999年3月 静岡県立大学薬学部(第一回)岩崎賞
2005年7月 日米合同糖質科学会議・ハワイ 日本糖質学会ポスター賞
2010年3月 糖鎖科学名古屋拠点 若手研究者奨励賞
2013年7月 日本薬学会東海支部 学術奨励賞
2014年8月 日本糖質学会 奨励賞
2014年11月 (公財)長寿科学振興財団 長寿科学賞
2015年2月 東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA) TOBIRA奨励賞
2015年3月 静岡県立大学(第一回)学長表彰
2015年11月 日本ウイルス学会 杉浦奨励賞
2016年3月 静岡県立大学(第二回)学長表彰
2016年10月 (一財)バイオインダストリー協会 化学・生物素材研究開発奨励賞


主な社会活動

第33回日本糖質学会年会(2014年8月10~12日開催、名古屋)Advisory Board Member
アドバイザー、第12回次世代を担う若手ファーマ2013(東京、2013年9月14日)
日本生化学中部支部会 幹事(2011年10月~2013年9月)
静薬学友会(静岡県立大学薬学部同窓会) 理事(2012年4月~)


主要研究業績

Substrate specificity of equine and human influenza A virus sialidase to molecular species of sialic acid. Biol. Pharm. Bull. 39, 1728-1733 (2016)
High-efficiency capture of drug resistant-influenza virus by live imaging of sialidase activity. PLoS One 11, e0156400 (2016)
シアリダーゼを利用したウイルス感染細胞の蛍光イメージング、公益社団法人 日本分析化学会「分析化学」総説論文65 (12), 689-701 (2016)
インフルエンザウイルスが結合する糖鎖分子の機能解明、日本ウイルス学会誌「ウイルス」66 (1),101-116 (2016)
Easy and Rapid Detection of Mumps Virus by Live Fluorescent Visualization of Virus-Infected Cells. PLoS One 10, e0144038 (2015)
Production and purification of secretory simian cytidine monophosphate-N-acetyl neuraminic acid hydroxylase by using baculovirus-protein expression system. Biol. Pharm. Bull. 38, 1220-1226 (2015)
Rapid fluorescent detection assay for human parainfluenza viruses. Biol. Pharm. Bull. 38, 1214-1219 (2015)
Amino acid substitutions contributing to α2,6-sialic acid linkage binding specificity of human parainfluenza virus type 3 hemagglutinin-neuraminidase. FEBS Lett. 589, 1278–1282 (2015)
Role of Sulfatide in Influenza A virus Replication. Biol. Pharm. Bull. 38, 809-816 (2015)
Low-pH Stability of Influenza A Virus Sialidase Contributing to Virus Replication and Pandemic. Biol. Pharm. Bull. 38, 817-826 (2015)
Properties of and a new technique for fluorescent detection of influenza virus sialidase. Trends Glycosci. Glycotechnol. 27 (158), E49-E60 (2015)
インフルエンザウイルスのシアリダーゼの性状と新しい蛍光検出法、Trends Glycosci. Glycotechnol. 27 (158), J49-J60 (2015)
インフルエンザウイルスの新たな創薬や防疫戦略の開発をめざした研究、Aging&Health 73号(2015年4月発行、株式会社厚生科学研究所)、38-41 (2015)
ウイルス酵素を利用したウイルスや感染細胞の簡便、迅速な検出試薬の開発とその応用、実験医学(2015年8月号、羊土社)Vol. 33. No. 13, p. 2114 (2015)
Role of glycans in viral infection. Sugar Chains, Springer Publishing, pp 71-93 (2015)
A novel method for detection of Newcastle disease virus with a fluorescent sialidase substrate. J. Virol. Methods 209, 136-142 (2014)
Histochemical imaging of alkaline phosphatase using a novel fluorescent substrate. Biol. Pharm. Bull. 37, 1668-1673 (2014)
Terminal Sialic Acid Linkages Determine Different Cell Infectivities of Human Parainfluenza Virus Type 1 and Type 3. Virology 464-465, 424-431 (2014)
N-glycolylneuraminic Acid on Human Epithelial Cells Prevents Entry of Influenza A Virus with N-glycolylneuraminic Acid Binding Ability. J. Virol. 88, 8445-8456 (2014)
Imaging of influenza virus sialidase activity in living cells. Sci. Rep. 4, 4877 (2014)
Histochemical fluorescent staining of Sendai virus-infected cells with a novel sialidase substrate. Virology 464-465, 206-212 (2014)
ウイルス感染における糖鎖の機能解明、Function of Glycochains in Virus Infection、YAKUGAKU ZASSHI 134 (8), 889-899 (2014)
Binding of influenza viruses to glycans. Glycoscience: Biology and Medicine (Part IIIV, Microbial Glycobiology and Infection, Glycobiology: Role of Glycans in Infections), Springer Publishing, pp 769-774 (2014)
「糖鎖生物学を背景にしたウイルス研究」、研究戦略YAKU学-研究現場から臨床へ-、薬事日報、薬事日報社、p. 8、2013年10月2日刊
Sensitive and direct detection of receptor binding specificity of highly pathogenic avian influenza A virus in clinical samples. PLoS ONE 8, e78125 (2013)
Mutations in NA that induced low pH-stability and enhanced the replication of pandemic (H1N1) 2009 influenza A virus at an early stage of the pandemic. PLoS ONE 8, e64439 (2013)
Binding kinetics of sulfatide with influenza A virus hemagglutinin. Glycoconj. J. 30, 709-716 (2013)
Sulfatide regulates caspase-3-independent apoptosis of influenza A virus through viral PB1-F2 protein. PLoS ONE 8, e61092 (2013)
Role of sulfatide in normal and pathological cells and tissues. J. Lipid Res. 53, 1437-1450 (2012)
Amino acid determinants conferring stable sialidase activity at low pH for H5N1 influenza A virus neuraminidase. FEBS Open Bio 2, 261-266 (2012)
Sulfatide Negatively Regulates the Fusion Process of Human Parainfluenza Virus Type 3. J. Biochem. 152, 373-380 (2012)
Function of membrane rafts in viral lifecycles and host cellular response. Biochemistry Research International vol. 2011, Article ID 245090, 23 pages (2011)
A single amino acid mutation at position 170 of human parainfluenza virus type 1 fusion glycoprotein induces obvious syncytium formation and caspase-3-dependent cell death. J. Biochem. 149, 191-202 (2011)
Plaque formation assay for human parainfluenza virus type 1. Biol. Pharm. Bull. 34, 996-1000 (2011)
The Low-pH Stability Discovered in Neuraminidase of 1918 Pandemic Influenza A Virus Enhances Virus Replication. PLoS One 5, e15556 (2010)
A SINGLE AMINO ACID MUTATION AT POSITION 170 OF HUMAN PARAINFLUENZA VIRUS TYPE 1 FUSION GLYCOPROTEIN INDUCES OBVIOUS SYNCYTIUM FORMATION AND CASPASE-3-DEPENDENT CELL DEATH. J. Biochem. 149, 191-202 (2010)
Antiviral effect of strictinin on influenza virus replication. Antiviral Res. 88, 10-18 (2010)
Binding of sulfatide to recombinant hemagglutinin of influenza A virus produced by a baculovirus protein expression system. J. Biochem. 147, 459-462 (2010)
Role of sulfatide in virus infection and replication. TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY (TIGG), Official Journal of the Japanese Society of Carbohydrate Research, Gakushin Publishing 学進出版, in press (2010)
Identification of amino acid residues of influenza A virus H3 HA contributing to the recognition of molecular species of sialic acid. FEBS Lett. 583, 3171-3174 (2009)
Glucosyl Hesperidin Prevents Influenza A Virus Replication In Vitro by Inhibition of Viral Sialidase. Biol. Pharm. Bull. 32, 1188-1192 (2009)
パンデミックインフルエンザウイルスの出現とノイラミニダーゼの酸性安定性 -Emergence of pandemic influenza viruses and low-pH stability of neuraminidase- THE LUNG perspectives Vol. 17 No. 4, p. 83-88、株式会社メディカルレビュー社、(2009)
Role of membrane rafts in viral infection. BENTAM OPEN, The Open Dermatology Journal 3, 178-194 (2009)
Sulfatide Is Required for Efficient Replication of Influenza A Virus. J. Virol., 82, 5940-5950 (2008) 
Surface localization of the nuclear receptor CAR in influenza A virus-infected cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 368, 550-555 (2008)
インフルエンザウイルス感染におけるスルファチドの機能、共立出版 蛋白質 核酸 酵素 糖鎖情報の独自性と普遍性Vol. 53 No. 12 pp. 1676-1682 (2008)
インフルエンザウイルス感染におけるスパイク糖タンパク質とシアロ複合糖質の役割、実験医学 波及・深化する糖鎖研究Vol. 25 No. 7 pp. 30-36 (2007)
インフルエンザウイルスとシアリダーゼ 社団法人日本生化学会 生化学 Vol. 78 No. 5ミニレビュー p409-412 (2006)
パンデミックインフルエンザA型ウイルスノイラミニダーゼの構造と機能 株式会社 メディカル ドゥ 遺伝子医学MOOK3糖鎖と病気 2. 糖鎖と治療 pp. 261-266 (2005)
Edible bird’s nest extraction inhibits the influenza virus infection. Antiviral research 70, 140-146 (2006)
Sialidase activity of influenza A virus in an endocytic pathway enhances viral replication. J. Virol. 79, 11705-11715 (2005)
Inhibition of influenza A virus sialidase activity by sulfatide. International Congress Series 1263 Options for the Control of influenza V plenary sessions, 43-47 (2004)
Evolutional analysis of human influenza A virus N2 neuraminidase genes based on the transition of the low-pH stability of sialidase activity. FEBS Lett. 557, 228-232 (2004)
Inhibition of influenza A virus sialidase activity by sulfatide. FEBS Lett. 553, 355-359 (2003)
A molecular mechanism for the low-pH stability of sialidase activity of influenza A virus N2 neuraminidases. FEBS Lett. 543, 71-75 (2003)
Duck and human pandemic influenza A viruses retain sialidase activity in low pH conditions. J. Biochem. 130, 279-283 (2001)


教育・研究に対する考え方

教育:ただ知識や方法のみを教えるのではなく、原理を考えながら実験工程をイメージしてもらえるような指導を心掛ける。特に創造力・応用力・理論的思考の育成に心掛け、自主的な思考や実験プランの創造などを積極的に奨励したい。実験の失敗や結果の誤った解釈を安易に責めることはせず、学生に研究意欲を持たせ、自主性を伸ばすことが重要である。失敗の原因や結果の解釈を学生と共に考えることで学生の思考の訓練とし、自らも教育者としての向上をめざす。また、学会発表への積極的参加を呼び掛け、自分の考えや研究成果の重要性を明確に伝える能力を高めてもらうように努めたい。報告書や申請書の作成能力を高めたい。
研究:糖鎖生物学とウイルス学を融合した新しい学問分野、糖鎖ウイルス学の発展に努めたい。糖鎖を基にしたウイルス感染機構の解明をめざし、ウイルスの流行予測、治療法、治療薬、検出法の開発に新たな方向性を与えたい。ウイルスタンパク質の機能を他の疾患の治療に役立てる研究を行いたい。


研究シーズ集に関するキーワード

インフルエンザウイルス、ヘマグルチニン、シアリダーゼ、糖鎖、阻害剤、検出、感染、薬剤耐性


モバイル表示

PC表示