グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:菅 敏幸

氏名
菅 敏幸(KAN Toshiyuki)
出生年月
1964年2月15日
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品製造化学分野) 教授
薬学研究院(医薬品製造化学教室) 教授(兼務)
電話番号
054-264-5746
部屋番号
薬学部棟6522号室
Eメールアドレス
kant(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://us-yakuzo.jp/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/21kan.pdf

学歴

1987年3月 北海道大学理学部化学科卒業
1993年3月 北海道大学大学院理学研究科修了


学位

理学博士(北海道大学・1993年)


専門分野

天然物全合成、有機合成化学、医薬品化学、化学生物学


担当科目

化学入門、有機化学Ⅲ、有機化学Ⅳ、総合薬科学研究、化学系薬学実習、有機化学演習、天然物化学、薬品製造論、医薬品製造化学特論、薬科学特別実験


主要研究テーマ

・医薬品として期待される生理活性を有する天然物の合成
・有用な新規合成反応の開発
・生物有機化学研究を指向した食品有効成分の合成
・膜タンパク質の機能解明を指向したプローブ分子の合成


所属学会

日本薬学会
日本化学会
日本農芸化学会
日本カテキン学会
有機合成化学協会
アメリカ化学会


主な経歴

1986年3月 北海道大学理学部化学科卒業
1991年4月 日本学術振興会特別研究員(DC)
1993年3月 北海道大学大学院理学研究科博士後期課程修了
1993年6月 財団法人サントリー生物有機科学研究所研究員
1996年4月 東京大学薬学部助手
2004年11月 東京大学大学院薬学系研究科助教授
2005年4月 静岡県立大学薬学部教授


受賞歴

2002年 有機合成化学奨励賞受賞(有機合成化学協会)
2004年度日本薬学会薬学研究ビジョン部会賞
2012年 Pfizer Distingished Lecturer (コロラド州立大学)
2012年 アステラス製薬・生命有機化学賞(有機合成化学協会)


主な社会活動

静岡市スーパーサイエンスハイスクール運営指導副委員長
日本微生物発酵茶協会 幹事
第27回ポリフェノール国際会議 組織委員
第5回国際O-CHA学術会議実行副委員長
第42回反応と合成の進歩シンポジウム実行委員長(2016年)
日本薬学会学術編集委員(2013年~現在)
第19回有機合成セミナー実行委員長(2012年)
有機合成協会創立70周年記念国際シンポジウム実行委員長(2012年)
有機合成化学協会理事(2011年〜2012年)(2017年〜2018年)
有機合成化学協会編集副委員長(2017年)
有機合成化学協会東海支部 支部長(2011年〜2012年)
第52回天然有機化合物討論会 世話人副代表(2010年)
第4回国際O-CHA学術会議実行委員(2010年)
第5回、第6回日本カテキン学会実行委員
有機合成化学協会東海支部 副支部長(2009年〜2010年)
第5回日韓天然物談話会 世話人代表 (2009年)
静岡県試験研究機関発明評価委員(2008年~2012年)
有機合成化学協会東海支部幹事 (2007年~現在)
有機合成化学協会出版委員(2007年~2012年)
天然有機化合物討論会世話人(2007年~現在)
第25回天然物化学国際会議組織委員 (2006年)
日韓天然物談話会世話人 (2002~2005年)

【非常勤講師】
名古屋大学大学院理学研究科(2016年)
関西学院大学大学院理学研究科(2016年)
京都大学大学院工学研究科(2015年)
北海道大学薬学研究科(2015年)
大阪市立大学理学研究科(2015年)
神戸大学大学理学研究科(2015年)
千葉大学大学院薬学研究科(2013年)
北海道大学大学院地球環境科学研究所(2011年)
名古屋大学大学院工学研究科(2011年)
京都大学大学院薬学研究科(2008年)
名古屋大学大学院理学研究科(2006年)


主要研究業績

○著書
「有機合成実験法ハンドブック」I 基本操作、有機合成化学協会編、丸善
「トップドラッグから学ぶ創薬化学」、有機合成協会、東京化学同人
「天然物の全合成で活躍した反応 実験のコツとポイント」、菅敏幸、林雄二郎、有機合成協会、化学同人
「天然物の全合成(2000-2008、日本)」、菅敏幸、林雄二郎、横島聡、有機合成協会、化学同人
「保護基」、薬学教科書、第4章、日本薬学会編化学系薬学II、p.104 (2005)
演習で学ぶ有機反応機構、有機合成協会編、化学同人
天然物化学—海洋生物編—「エクチナサイジン743の合成」
“2-Nitrobenzenesulfonyl chloride”, T. Kan, T. Fukuyama, e-EROS, Ed. By L. A. Paquette John Wiley & Sons, Ltd.

○学術論文
“Stereoselective Construction of 2-Vinyl 3-Hydroxybenzopyran Rings: Total Syntheses of Teadenols A and B. ” Org. Biomol. Chem., 14, 10783-10786(2016).
“Concise synthesis of anserine: efficient solvent tuning in asymmetric hydrogenation reaction. ” Synlett, 27, 2734-2736 (2016)
“Synthesis of food effective constituents toward the development for chemical biology investigations. ” J. Syn. Org. Chem., Jpn, 74, 412 (2016).
“A negative feedback loop controlling bHLH complexes is involved in vascular cell division and differentiation in the root apical meristem” Current Biology, 25, 3144-3150(2015).
“Ecteinascidins. A review of the chemistry, biology and clinical utility of potent tetrahydroisoquinoline antitumor antibiotic” Natural Product Reports 32, 328-347 (2015).
“Practical synthesis of plant-growth regulators; AHX, AHXR and AOH, and development of their probe molecules” Organic & Biomolecular Chemistry, 12, 3813-3815 (2014).
“Synthesis of biological active natural products by means of C-H insertion reaction” J. Syn. Org. Chem., Jpn, 72, 171 (2014).
“Practical Total Synthesis of Acromelic acid A and B” Org. Lett., 16, 1980-1983 (2014).
“Stereocontrolled Total Synthesis of Hedyotol A” Org. Lett., 16, 1976-1979 (2014).
“Total Synthesis of (–)-SB-203207” Org. Lett., 16, 1646-1649 (2014).
“Use of positron emission tomography for real-time imaging of biodistribution of green tea catechin” PLOS ONE, 9, e85520 (2014).
“The Source of "Fairy Rings": 2-Azahypoxanthine and its Metabolite Found in a Novel Purine Metabolic Pathway in Plants” Angew. Chem. Int. Ed., 53, 1552 – 1555 (2014)
“Practical synthesis of kainoids and its application to the probe molecules” Org. Lett., 16, 564-567(2014).
“Chemical synthesis of tea polyphenols and related compounds” Current Pharmaceutical Design, 19, 6207 (2013).
“Chemoselective Hydrogenation Reaction of Unsaturated Bonds in the Presence of o-Nitrobenzenesulfonyl Group” Org. Lett., 15, 1306-1309 (2013).
“Total Synthesis of (-)-Lemonomycin.” Chem. Eur. J. 18, 11192-11195 (2012)
“Stereocontrolled Total Synthesis of (+)- UCS1025A.” Angew. Chem. Int. Ed. 124 (2012) 51, 12850-12853 (2012).
“Catalytic Desymmetrization of Cyclohexadienes by Asymmetric Bromolactonization.” Org. Lett. 14, 6016-6019 (2012).
“Furan fatty acid as an anti-inflammatory component from green-lipped mussel, Perna canaliculus.” Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 108, 17533-17537 (2011).
“Enantioselective Total Synthesis of Aperidine” Org. Lett., 13, 2789-2791 (2011).
“Stereocntrolled Synthesis of (+)-Methoxyphenylkainic acid and (+)-Phenylkainic acid” Org. Lett., 13, 1089-1091 (2011).
“Proof the existence of an unstable amino acid, pleurocybellaziridine, in Pleurocybella porrigens (angel’s wing mushroom) ” Angew. Chem. Int. Ed., 50, 1168-1170 (2011).
“Concise synthesis of catechin probes enabling analysis and imaging of EGCg” Chem Commun, 47, 1794-1796 (2011).
“PET Imaging of Nobiletin Based on a Practical Total Synthesis” Chem Commun, 47, 2868 – 2870 (2011).
“Regioselective Synthesis of Methylated Epigallocatechin Gallate via Nitrobenzenesulfonyl (Ns) Protecting Group.”.Bioorg. Med. Chem. Lett., 19, 4171-4174 (2009).
“Concise Synthesis of Chafurosides A and B”,Org. Lett., 11. 2233-2236 (2009).
“Total Synthesis of (–)-Serotobenine” J. Am. Chem. Soc., 130, 16854-16855 (2008).
“Synthetic Studies on Altemicidin: Stereocontrolled Construction of the Core Framework” Org. Lett., 10, 169-171(2008).
“Divergent Synthesis of Multifunctional Molecular Probes Enabled Elucidation of the Enzyme Specificity of Dipeptidic γ-Secretase Inhibitors on Presenilin-Type Aspartic Proteases”, ACS Chemical Biology, 2, 408-418 (2007).
“Stereocontrolled Total Synthesis of Potent Immunosuppressant FR901483”,Org. Lett., 6, 2729(2004).
“Ns Strategies: A Highly Versatile Synthetic Method for Amines”, Chem. Commun., 353 (2004).
“Stereocontrolled Total Synthesis of (-)-Ephedradine A (Orantine) ”, J. Am. Chem. Soc., 125, 8112 (2003).
“Total Synthesis of Ecteinascidin 743”, J. Am. Chem. Soc., 124, 6552 (2002).


教育・研究に対する考え方

教育: 様々な化合物の合成を自分でデザインし実行できる学生を育てたいと考えています。現在、製薬企業を始めとする化学産業界の多くは、ものつくり(有機合成)のできる人材を熱望しております。これら社会的な要請に答えるためにも、実践と理論のバランスのとれた教育を展開したいと考えています。
研究: 医薬として期待される生理活性を有する天然有機化合物の全合成を中心として研究を展開したいと考えています。天然物の全合成は広範な知識を必要とするため、学生の教育に最適であると考えています。また、全合成を効率的に達成するための新規合成反応の開発と、生理活性発現の機構解明を目指したプローブ分子の合成法の開発も併せて行なっていきたいと考えています。


研究シーズ集に関するキーワード

天然物全合成、アルカロイド、ポリフェノール、カテキン、ケミカルプローブ


モバイル表示

PC表示