グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:海野 けい子

氏名
海野 けい子(UNNO Keiko)
出生年月
1953年9月
所属・職名
薬学部薬科学科(統合生理学分野) 准教授
薬学研究院(統合生理学教室) 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5731
部屋番号
薬学部棟6513号室
Eメールアドレス
unno(ここに@を入れて下さい)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/bioorg/saito/Home.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/42unno.pdf

学歴

1976年3月 静岡薬科大学薬学部薬学科卒業


学位

薬学博士(静岡県立大学・1994年)


専門分野

ストレス生物学、老化生化学


担当科目

基礎生物学、機能形態生理学Ⅱ、生物系薬学実習、基礎・医用工学実習、科学演習Ⅱ、特別実習、特別演習、生物薬品化学特論・演習


主要研究テーマ

・老化およびストレスによる生体機能変化の解析
・脳に対する抗老化作用物質の探索とその作用機序に関する研究
・抗ストレス作用物質の探索とその作用機序に関する研究
・肥満および糖尿病に対する加齢の影響に関する研究


所属学会

日本薬学会
日本生化学会
日本基礎老化学会(評議委員) 
日本抗加齢医学会(評議委員) 
臨床ストレス応答学会
老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会(幹事)


主な経歴

1976年4月 静岡薬科大学 助手(~1987年3月)     
1987年4月 静岡県立大学薬学部 助手(~2005年3月)
1996年6月 米国シカゴ大学ハワードヒューズ医学研究所 研究員(~9月)
2005年4月 静岡県立大学薬学部 講師
2005年4月 東京都老人総合研究所 協力研究員(~2012年3月)
2007年4月 静岡県立大学薬学部 准教授(~現在に至る)
2013年4月 東北大学加齢医学研究所 共同研究員(~2015年)
2014年8月 静岡県立大学茶学総合研究センター教員(兼務)(~現在に至る)


主な社会活動

静岡県診療用放射性同位元素(RI)審査会委員(2007年~2012年) 
静岡市診療用放射性同位元素(RI)審査会委員(2007年~2012年)


主要研究業績

○学術論文
・Possible Gender Difference in Anti-stress Effect of β-Cryptoxanthin. Yakugaku Zasshi, 136, 1255-1262 (2016).
・Endotoxemia-induced cytokine-mediated responses of hippocampal astrocytes transmitted by cells of the brain-immune interface. Sci Rep. 6, 25457 (2016)
・Anti-stress effects of drinking green tea with lowered caffeine and enriched theanine, epigallocatechin and arginine on psychosocial stress induced adrenal hypertrophy in mice. Phytomedicine. 23, 1365-1375 (2016)
・Luteolin suppresses ultraviolet A- and B-induced matrix metalloproteinase 1- and 9 expression in human dermal fibroblast cells. J Nutr. Food Sci., 6, 6 (2016)
・Prevention of brain aging by green tea components: Role of catechin and theanine. J. Phys. Fitness Sports Med., 5(2), 117-122 (2016)
・Stable isotope dilution HILIC-MS/MS method for accurate quantification of glutamic acid, glutamine, pyroglutamic acid, GABA and theanine in mouse brain tissues. Biomed Chromatogr. 30, 55-61(2016).
・Green tea catechins for well-being and therapy: prospects and opportunities. Botanics: Targets and Therapy 5, 85-96 (2015).
・Preventive effect of soybean on brain aging and amyloid-β accumulation: Comprehensive analysis of brain gene expression. Recent Pat Food Nutr Agric, 7, 83-91 (2015).
・緑茶成分による脳の老化予防 Food Style 21,19, 39-42 (2015).
・Cognitive dysfunction and amyloid β accumulation are ameliorated by the ingestion of green soybean extract in aged mice. Journal of Functional Foods. 14, 345-353 (2015).
・食品成分による老化およびストレスの予防. 薬学雑誌,135(1), 41-46 (2015) .
・ Novel Frame-Shift Mutation in Slc5a2 Encoding SGLT2 in a Strain of Senescence- Accelerated Mouse SAMP10. Biochem Biophys Res Commn. 454, 89-94 (2014).
・Anti-senescence effect ~Health Benefits of Green Tea~ Navigation to Functional and Mechanistic Aspects 2014(Editor Mamoru Isemura)pp. 28-29 (2014).
・Preventive Effects on Alzheimer Disease ~Health Benefits of Green Tea~ Navigation to Functional and Mechanistic Aspects 2014 (Editor Mamoru Isemura)pp. 30-31 (2014).
・Anti-stress effect of theanine on students during pharmacy practice: Positive correlation among salivary α-amylase activity, trait anxiety and subjective stress. Pharmacol Biochem Behav. 111, 128-135 (2013).
・Ingestion of theanine, an amino acid in tea, suppresses psychosocial stress in mice. Exp Physiol. 98, 290-303(2013)
・Active Component in Green Tea Catechins and Effective Intake Period for Prevention of Age-related Brain Dysfunction. Anti-Aging Medicine, 8, 75-81 (2011)
・Theanine intake improves the shortened lifespan, cognitive dysfunction and behavioral depression that are induced by chronic psychosocial stress in mice, Free Radical Res., 45, 966-974 (2011)
・Beta-Cryptoxanthin, Plentiful in Japanese Mandarin Orange, Prevents Age-related Cognitive Dysfunction and Oxidative Damage in Senescence-accelerated Mouse Brain. Biol. Pharm. Bull., 34, 311-317,2011
・Age-related increase of reactive oxygen generation in the brains of mammals and birds: Is reactive oxygen a signaling molecule to determine the aging process and life span? Geriatr. Gerontol. Int 10: S10-S-24, 2010
・Protection of brain and pancreas from high-fat diet: Effects of catechin and caffeine, Physiology & Behavior, 96: 262-269 (2009).
・Daily ingestion of green tea catechins from adulthood suppressed brain dysfunction in aged mice. BioFactors, 34: 263-271 (2008).
・Age-related increase of superoxide generation in the brains of mammals and birds. Aging Cell, 7: 459-469 (2008).

○著書
・Effects on aging and dementia. Scientific Evidence for the Health Benefits of Green Tea, Japan Tea, Central Public Interest Incorporated Association, pp.136-146 (2015).
・老化と認知症【1】基礎  新版 茶の機能(衛藤、冨田、榛村、伊勢村,原、山本(前田)編), pp.245-254 (2013)
・Protection of brain senescence by consumption of green tea components. The Senescence-Accelerated Mouse (SAM): Achievements and Future Directions (Ed by Toshio Takeda), Elsevier, pp. 509-522 (2013)
・老化抑制効果、 ~緑茶と健康のメカニズム~ 機能効用ナビゲーション2013 (監修・編集: 伊勢村 護)、公益財団法人世界緑茶協会、p. 48-50 (2013)
・脳機能調整効果 1)認知症予防効果、 ~緑茶と健康のメカニズム~ 機能効用ナビゲーション2013 (監修・編集: 伊勢村 護)、公益財団法人世界緑茶協会、p. 51-52 (2013)
・脳の老化を防ぎ、認知症を予防する. お茶の効用を科学する(茶学術研究会編) (社)静岡県茶業会議所、p. 18 (2012)
・β-クリプトキサンチンによる老化予防  Functional Food, 5, 217-221 (2012)
・社会心理的ストレスによる老化の促進とテアニンの抗ストレス作用   基礎老化研究, 35, 9-15(2011)
・ミカン摂取による老化の予防:健康寿命および脳機能に対する効果  柑橘,63,12-14(2011)
・緑茶カテキンと脳の抗老化  東京理科大学 科学フォーラム2010(6),p.20-25
・お茶による脳の老化予防: お茶の効能と応用開発(監修:伊勢村 護)、シーエムシー出版、 pp. 135-140 (2006) 
・Chemopreventive action of tea against senescence/ageing: Protective Effect of Tea on Human Health (Eds.: Weisburger, J. and Siddiqi, M.), CABI Publishing, pp. 192-199 (2006) 
・Improvement in brain function and oxidative damage of aged senescence- accelerated mice by green tea catechins: The Senescence-Accelerated Mouse (SAM); An Animal Model of senescence, International Congress Series 1260 (Eds.: Nomura, Y., Takeda, T., Okuma Y.) Elsevier, pp. 409-412 (2004)


教育・研究に対する考え方

教育:学生が意欲的に物事にとりくむことができるような教育環境を作りたい。
研究:高齢社会の到来に伴い、「老化」ならびに「ストレス」に関する研究の重要性が高まっている。老化・ストレスに関し、特に脳機能に着目した研究を進め、社会に貢献したいと考えている。


研究シーズ集に関するキーワード

ストレス、抗ストレス作用、対面飼育、副腎肥大、寿命、脳機能、老化


モバイル表示

PC表示