グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:岩本 憲人

氏名
岩本 憲人(IWAMOTO Ken-ichi)
出生年月
1962年4月
所属・職名
薬学部薬科学科(医薬品化学分野) 講師
薬学研究院(薬化学教室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5756
部屋番号
薬学部棟6504号室
Eメールアドレス
iwamotok@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/yakka/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_01_043.pdf

学歴

1987年3月 東京理科大学薬学部 卒業
1989年3月 静岡薬科大学大学院 修了

学位

博士(薬学)(静岡県立大学・1996年)

専門分野

有機化学・薬化学

担当科目

無機化学、有機化学実習、特別実習

主要研究テーマ

  • 含窒素複素環化合物の有機化学的研究
  • 環境汚染物質関連の研究

所属学会

日本薬学会

主な経歴

1989年4月 持田製薬(株)研究員
1993年4月 静岡県立大学 助手
1997年4月 静岡県立大学 講師

主な社会活動

 

主要研究業績

  1. Iwamotok. K., Oike M., Kimura H., Sato M., Methylene-bridged bis(benzimidazolium) salt as a highly efficient catalyst for the benzoin reaction in aqueous media. Organic & Biomolecular Chemistry, 6(5), 912-915, (2008).
  2. M. Hirano, K. Iwamoto, K. Arizono et al.: Development of enzyme immunoassay for detection of DDT. J. Environ. Sci. Health, Part B, 43 (1), 44-49 (2008)
  3. K. Iwamoto, M. Hamaya, N. Hashimoto, H. Kimura, Y. Suzuki, M. Sato: Benzoin reaction in water as an aqueous medium catalyzed by benzimidazolium salt. Tetrahedron Lett., 47, 7175-7177 (2006)
  4. K. Iwamoto, I. Kato, N. Yanaihara, et al.: Application of immunoassay to microquantitation of environmental endcrine disruptors-dioxins-specific immunoassay. Biomedical Research, 25 (1), 9-15 (2004)
  5. E. Oishi, K. Iwamoto: Reaction of [1,4]benzodioxinopyridazines with sodium methoxide and amines. Heterocycles, 63, 591-608 (2004)
  6. 杉山千歳、中島圓、岩本憲人、増田修一、大石悦男、木苗直秀:水道水中の強力な変異原物質3-Chloro-4-(dichloromethyl)-5-hydroxy-2(5H)-furanone (MX)の分布と毒性、水環境学会誌 (2004)
  7. M. Sato, T. Oda, K. Iwamoto, S. Fujii: A new method for synthesis of crown ether type pyridinophanes. Heterocycles, 60, 899-908 (2003)
  8. M. Sato, T. Oda, K. Iwamoto: Highly efficient method for synthesis of methacyclophanes. Tetrahedron, 59, 2651-2655 (2003)

教育・研究に対する考え方

自ら考え、実験し、真実を発見する喜びをともに共有したい。

研究シーズ集に関するキーワード

有機合成,環境変異原物質,DNA付加体

モバイル表示

PC表示