グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
加藤(伊藤) 恵美(KATO Emi)
所属・職名
短期大学部社会福祉学科(社会福祉専攻)助教
Eメールアドレス
itoemi@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2002年3月 岩手県立大学社会福祉学部福祉経営学科卒業
2004年3月 岩手県立大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了

学位

修士(社会福祉学)(岩手県立大学・2004年)

専門分野

社会福祉学

担当科目

ソーシャルワーク実習指導
ソーシャルワーク実習
保育者論

主要研究テーマ

  • 社会福祉士養成教育に関する研究
  • 自死遺族支援に関する研究

所属学会

日本社会福祉学会
日本カウンセリング学会
日本保育学会

主な経歴

私立幼稚園 教諭
岩手県立大学社会福祉学部 助手(実習講師)

主な社会活動

社会福祉法人静岡福祉事業協会 社会福祉施設苦情解決第三者委員
NPO法人aims(子どものためのグリーフケアプログラム)ファシリテーター

主要研究業績

論文
  • 伊藤恵美,井上孝代,いとうたけひこ,社会福祉士実習教育における教育評価の検討―学生の実習報告書のテキストマイニング分析を通して―,静岡県立大学短期大学部研究紀要,26-W号,3,(2012).
  • 伊藤恵美,井上孝代,社会福祉士実習教育の評価―学生の実習自己評価表のナラティブ分析を通して―,静岡県立大学短期大学部研究紀要,25-W号,4,(2011).
学会発表等
  • 伊藤恵美,井上孝代,自死遺族者へのカウンセリング・プロセスおよび意味再構成理論からの検討,日本カウンセリング学会第45回大会発表論文集,(2012).
  • 伊藤恵美,井上孝代,自死遺族支援システムの選択をめぐる検討, 日本カウンセリング学会第44回大会発表論文集,(2011).
  • 伊藤恵美,自死遺族の回復過程,日本カウンセリング学会第43回大会発表論文集,(2010).

教育・研究に対する考え方

教育においては気づきと発見を促す伴走者であることを心がけていきたい。また研究においては社会的マイノリティとされている人の権利擁護の実現に貢献したいと考えている。

モバイル表示

PC表示