グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
谷 晃(TANI Akira)
出生年月
1965年8月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(植物環境研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12602号室
Eメールアドレス
atani(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/plantenv/index.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/78tani.pdf

学歴

大阪府立大学大学院農学研究科農業工学専攻博士課程中退


学位

博士(農学)(大阪府立大学・1996年)


専門分野

植物大気学、大気環境学、農業環境工学、生態工学、農業気象学


担当科目

植物学、植物環境学、地学(気象分野)、環境分析化学、環境学総論、地域・地球環境学特論、環境生命科学実験、地学実験など


主要研究テーマ

・植物からのテルペン類の放出動態の解明
・植物の有害ガス吸収機能の解明とそれを利用した大気環境浄化策の検討
・植物工場における問題点と改善策の検討
・環境保全型農業技術の開発


所属学会

生態工学会(理事(編集長、広報委員、東海支部長))
日本農業気象学会(理事、東海支部幹事)
生物環境工学会(理事)
大気環境学会(植物部会世話人)
JapanFlux(運営委員)
日本大気化学会
日本地球化学会
環境科学会
AsiaFlux


主な経歴

1991年~ 大阪府立大学農学部助手
1997年~ 東海大学開発工学部生物工学科講師
2001年~2002年 英国ランカスター大学環境科学部客員研究員
2005年~ 東海大学開発工学部生物工学科助教授
2007年~ 静岡県立大学環境科学研究所准教授
2014年3月~ 気象予報士(国家資格)
2014年4月 静岡県立大学食品栄養科学部准教授
2015年4月 静岡県立大学食品栄養科学部教授
2017年2月~ 通訳案内士(外国語:英語、国家資格)


受賞歴

2017年 日本農業気象学会学術賞
2007年 生態工学会学術賞
1999年 日本植物工場学会奨励賞
1997年 日本生物環境調節学会奨励賞
1998年 CELSS学会論文賞


主な社会活動

日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会iLEAPS小委員会委員
富士山麓アカデミック&サイエンスフェア実行委員会委員
生物起源微量ガスワークショップ事務局代表


主要研究業績

Tani, A., Shiina, S., Nakaashima, K., Hayashi, M., Improvement in lettuce growth by light diffusion under solar panels, J. Agric. Meteorol., 70, 139-149 (2014).
Yuan Ren, Ying Ge, Baojing Gu, Yong Min, Akira Tani, Jie Chang, The role of management strategies and environmental factors in determining the emissions of biogenic volatile organic compounds from urban greenspace. Environ. Sci. Technol., 48, 6237–6246 (2014).
Tomoki Mochizuki, Akira Tani, Yoshiyuki Takahashi, Nobuko Saigusa, Masahito Ueyama, Long-term measurement of terpenoid flux above a Larix kaempferi forest using a relaxed eddy accumulation method, Atmos. Environ., 83, 53–61 (2014)
Tani A: Fragmentation and reaction rate constants of terpenoids determined by proton transfer reaction–mass spectrometry. Environ. Control Biol., 51, 23-29. (2013)
Tani, A., Bobe, S., Shimizu, S., Leaf uptake of methyl ethyl ketone and croton aldehyde by Castanopsis sieboldii and Viburnum odoratissimum saplings. Atmos. Environ., 70, 300-306. (2013)
Peipei Guo, Kejian Guo, Yuan Ren, Yan Shi, Jie Chang, Akira Tani, Ying Ge, Biogenic volatile organic compound emissions in relation to plant carbon fixation in a subtropical urban–rural complex, Landscape and Urban Planning 119:74-84 (2013)
Sou N. Matsunaga, Shigeru Niwa, Tomoki Mochizuki, Akira Tani, Dai Kusumoto, Yasuhiro Utsumi, Tsutomu Enoki, Tsutom Hiura: Seasonal variation in basal emission rates and composition of mono- and sesquiterpenes emitted from dominant conifers in Japan. Atmos. Environ., 69, 124-130. (2013)
Tani A, Nozoe S: Workplace concentrations and exposure assessment of monoterpenes in rosemary- and lavender-growing greenhouses. J. Occupational health, 54, 459-468. (2012)
Miyama T, Okumura M, Kominami, Y, Yoshimura K, Ataka M, Tani A: Nocturnal isoprene emission from mature trees and diurnal acceleration of isoprene oxidation rates near Quercus serrata Thunb. leaves. J. Forest Research DOI 10.1007/s10310-012-0350-5, (2012)
Chang J, Ren Y, Shi Ya, Zhu Y, Ge Y, Hong S, Jiao L, Lin F, Peng C, Mochizuki T, Tani A, Mu Y, Fu C: An inventory of biogenic volatile organic compounds for a subtropical urban-rural complex. Atmos. Environ., 56, 115-123, (2012)
Matsunaga SN, Chatani S, Nakatsuka S, Kusumoto D, Kubota K, Utsumi Y, Enoki T, Tani A, Hiura T., Determination and potential importance of diterpene (kaur-16-ene) emitted from dominant coniferous trees in Japan. Chemosphere, 87(8), 886-893, (2012)
Tomomi Yasuda, Seiichiro Yonemura, Akira Tani. Comparison of the Characteristics of Small Commercial NDIR CO2 Sensor Models and Development of a Portable CO2 Measurement Device. Sensors, 12, 3641-3655, (2012)
Tani A, Tozaki D, Okumura M, Nozoe S, Hirano T: Effect of drought stress on isoprene emission from two major Quercus species native to East Asia. Atmos. Environ., 2011. 45(34), 6261-6266 (2011)
Mochizuki T, Endo Y, Matsunaga S, Chang J, Ge Y, Haung C, Tani A: Factors affecting monoterpene emission from Chamaecyparis obtuse. Geochemical J., 45, pp. e15 to e22 (2011).
Matsunaga S, Chatani S, Nakatsuka S, Kusumoto D, Kubota K, Utsumi Y, Enoki T, Tani A, Hiura T: Volatile diterpene emission from dominant conifers in Japan. Biogeosciences Discussions 8(4), 6681-6700 (2011).
Sou N. Matsunaga, Tomoki Mochizuki, Takuo Ohno, Yukiko Endo, Dai Kusumoto, Akira Tani: Monoterpene and sesquiterpene emissions from Sugi (Cryptomeria japonica) based on a branch enclosure measurements. Atmospheric Pollution Research, 2, 16‐23 (2011).
Akira Tani, Seita Bobe, Sachiko Shimizu: Uptake of methacrolein and methyl vinyl ketone by tree saplings and implications for forest atmosphere. Environ. Sci. Technol., 44, 7096-7101(2010).
Akira Tani, C. Nicholas Hewitt: Uptake of aldehydes and ketones at typical indoor concentrations by houseplants. Environ. Sci. Technol., 43 (21), 8338-8343(2009).


教育・研究に対する考え方

研究の現場に身をおいてこそ、よい教育ができると感じています。自然を注意深く観察すると、なぜ?と疑問をいだくことがたくさんあります。私の研究の現場は、時には森であり、時には農地であり、山であり川です。いつも好奇心を持ち続け、そこにある個々の自然を当然のことと決めつけない、ものの見方をしたいものです。研究室では気象予報士に関する資格取得の情報提供や支援をします。


研究シーズ集に関するキーワード

植物、植物栽培システム、富士山、ワサビ棚田、ミニ植物工場、植物の香り成分、ポータブルCO2環境計測器


モバイル表示

PC表示