グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
奥田 都子(OKUDA Miyako)
所属・職名
短期大学部社会福祉学科(社会福祉専攻)准教授
Eメールアドレス
okuda(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1986年3月 お茶の水女子大学家政学部家庭経営学科卒業
1988年3月 お茶の水女子大学大学院家政学研究科修士課程修了


学位

家政学修士(お茶の水女子大学・1988年)


専門分野

家族関係学、家族生活史、家政学原論、生活経営学


担当科目

家族支援論、社会福祉演習、保育実践演習・卒業研究、
生活支援技術Ⅰ、家族福祉論、介護レクリエーションⅠ、介護実習指導Ⅰ・Ⅱ、介護実習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB、保育表現技術Ⅰ(造形)


主要研究テーマ

・日本近代家族と生活の形成史
・福祉領域における家政学の役割に関する研究
・高齢者福祉人材養成における生活史の活用に関する研究


所属学会

・日本家政学会
・日本家族社会学会
・日本社会福祉学会
・日本介護福祉学会
・日本比較家族史学会
・日本消費者教育学会
・日本家庭科教育学会


主な経歴

1991年4月 お茶の水女子大学家政学部 助手
1993年4月 共立女子大学家政学部 非常勤講師
1996年4月 東洋英和女学院大学 非常勤講師
2002年4月 静岡県立大学短期大学部社会福祉学科 助教授(2007年4月より准教授)


主な社会活動

静岡市男女共同参画審議会委員(2007-2013)
静岡家庭裁判所委員会委員(2007-2011)
静岡県教育委員会家庭教育支援検討委員会委員(2012-2013)
静岡市健康福祉審議会 介護保険専門分科会委員 (2015-)
介護福祉士試験委員(2013-)


主要研究業績

○学術論文
1) 「明治中期の『ホーム』論 明治18~26年の『女学雑誌』を手がかりとして」お茶の水女子大学人文科学紀要42巻、49-61,1989
2) 「明治中期の『ホーム』論にみる家庭観と家政観」 『家族関係学』8号、15-20,1989
3) 「原論研究の課題に答えるための試み 戦間期の家政学における生活改善へのとりくみを例として」家政学原論部会会報32号、100-105,1998
4) 「『対人サービス専門』としての家政学の課題と展望」家政学原論研究37号、19~22,2003
5) 「介護福祉士養成教育のための『家政学』関連科目のありかた」日本家政学会誌54号6巻501-510、2003
6) 「介護福祉士養成における家政系教育」介護福祉学10巻1号19-32、2003
7) 「在宅福祉分野における家政学者のリーダーシップ―福祉人材の養成とエンパワーメントに向けて」家政学原論研究38号7-13、2004
8)「生活支援と家政学―新カリキュラムにおける家政学教育の課題」介護福祉学16巻2号、189-208、2009


○著書
1) 『図説 家族問題の現在』、日本放送出版協会、東京、90-97、1995
2) 『生活の経営 自分流ライフスタイルの構築のために』同文書院、東京、13-44、109-124、185-186、193-198、1996
3) 『日本の経済発展と在来産業』山川出版社、東京、11-68、1997
4) 『生活文化の世界 人生の四季に寄せて』酒井書店、東京、20-31、89-100、102-115、116-127、1997
5) 『祖母・母たちの娘時代』クレス出版、東京、39-50、1999
6) 『21世紀の生活経営』同文書院、東京、5-19、2001
7) 『都市化と在来産業』日本経済評論社、東京、277-308、2002
8) 『介護福祉のための家政学』建帛社、東京、2-7,14-19,2004
9) 『介護福祉のための家政学実習』建帛社、東京、6-13,161-164,2005
10) 『若手研究者が読む「家政学原論」2006』家政教育社、217-226、2006
11) 『百年前の家庭生活』クレス出版、東京、189-224、2006
12)『福祉のための家政学』 建帛社、東京、22-32、36-39、2010
13)『保育と家庭支援論』学文社、東京、45-54、2015


教育・研究に対する考え方

教育活動の中で、基本的な人間関係としての家族の課題や問題への認識を深めるとともに、問題解決のためにどのように行動できるかを、学生とともに常に考えていきたい。また、社会の幸福増進に貢献する研究であるかどうかを常に問い続けながら、真摯に自分の研究課題にとりくんでいきたい。


モバイル表示

PC表示