グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
海老名 和子(EBINA Kazuko)
所属・職名
短期大学部歯科衛生学科 講師
電話番号
054-202-2635
部屋番号
教育棟409号室
Eメールアドレス
ebinaka@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1978年 埼玉県立厚生専門学院歯科衛生学科卒業
1983年 日本大学歯学部附属歯科技工専門学校卒業
2002年 静岡大学人文学部経済学科卒業
2007年3月 放送大学大学院文化科学研究科修了

学位

学術修士(放送大学・2007年)

専門分野

歯科衛生学

担当科目

歯周疾患予防処置論、歯周疾患予防処置実習 I・II 他

主要研究テーマ

  • 歯周疾患予防に関する研究
  • 歯科健康教育に関する研究
  • 歯科衛生士養成教育に関する研究

所属学会

日本歯科衛生学会
日本口腔衛生学会
日本公衆衛生学会
日本歯科医療管理学会
日本歯科衛生教育学会

主な経歴

1978年4月 開業歯科医院
1990年4月 静岡県立厚生専門学校歯科衛生学科 教育主事
1994年4月 静岡県藤枝保健所保健指導課 副主任
1996年4月 静岡県立厚生保育専門学校歯科衛生学科 教育主事
1997年4月 静岡県立大学短期大学部歯科衛生学科 講師

主な社会活動

  

主要研究業績

  • 本学科推薦入学入学生の入学前学習の現状について,全国歯科衛生士教育協議会誌VOL4,p23-29,2010.3
  • 学校歯科保健実習教育における小学校実習の取り組み,2009年度歯科衛生士専任教員秋期学術研修会報告集,p121-127,2010.5
  • 臨地実習指導教員と専任教員との連携強化を目的とする取り組み,2008年度歯科衛生士専任教員秋期学術研修会報告集,p6-10,2009,6
  • 学内相互実習における感染予防対策とその課題,2007年度歯科衛生士専任教員秋期学術研修会報告集,p53-58,全国歯科衛生士教育協議会,2008.5
  • 家庭でおこなう歯周病予防,静岡県立大学第21回公開講座要旨集、静岡県立大学、p77―81、2007,10
  • 学生に教授したスケーリング技術の維持させる授業スケジュールの検討,日本歯科衛生学会誌,Voll.No.2.p74-79,2007

教育・研究に対する考え方

教育:歯科衛生のプロになるための知識と技術を効率よく、且つわかりやすく修得させるかを考えている。また実習をとおして他者への配慮等もできるようになって欲しい。
研究:歯科保健の立場から人々の健康支援を行っていく上で、役立つ実践的研究をおこなう。

モバイル表示

PC表示