グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
吉田 直樹(YOSHIDA Naoki)
所属・職名
短期大学部歯科衛生学科 教授
部屋番号
短期大学部教育棟518号室
Eメールアドレス
yoshidan(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/154ayoshida.pdf

学歴

1988年3月 東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
1993年3月 東京医科歯科大学大学院歯学研究科(歯科臨床学系歯科保存学)修了


学位

博士(歯学)(東京医科歯科大学・1993年)


専門分野

歯科医学、歯周治療学


担当科目

歯周治療学、微生物学、口腔微生物学、口腔衛生学 I・II、口腔生理学、生化学、歯科衛生統計学


主要研究テーマ

・マトリックス・メタロプロテアーゼ(MMP)に関する研究
・歯周組織における結合組織代謝に関する研究
・歯周病の病因、予防と治療に関する研究
・歯科疾患の疫学調査


所属学会

・口腔病学会
・日本歯周病学会(評議員)
・マトリックス研究会
・日本生化学会
・日本炎症・再生医学会
・日本歯科保存学会
・日本歯科保存学会
・日本口腔衛生学会
・日本歯科衛生学会


主な経歴

1988年 7月 東京医科歯科大学歯学部附属病院第二保存科臨床研修医(1989年3月まで)
1993年 4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院第二保存科医員(1994年9月まで)
1994年10月 文部教官助手(東京医科歯科大学歯学部歯科保存学第二講座)(1997年3月まで)
(1996年 4月~1997年3月 University of Kansas Medical Center研究員として研修)
1997年4月 静岡県立大学短期大学部助教授(2007年4月 准教授に職名変更)
2014年10月 静岡県立大学短期大学部 教授


主要研究業績

○学術論文
1) ヒト好中球コラゲナーゼの精製, 単クローン抗体の作製および歯肉溝滲出液中の好中球への応用、口腔病学会雑誌. 60 (1) : 121-130, 1993. (単著)
2) Inhibition of matrix metalloproteinases by peptidyl hydroxamic acids. Biochem. Biophys. Res. Commun. 199 (3) : 1442-1446,1994. (共著)
3) Recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2)の歯周組織に対する影響. 炎症. 16 (3) :181-185, 1996.(共著)
4) Mechanism of inhibition of the human matrix metalloproteinase stromelysin-1 by TIMP-1. Nature 389 :77-81, 1997. (共著)
5) TIMP-1 Contact Sites and Perturbations of Stromelysin 1 Mapped by NMR and a Paramagnetic Surface Probe. Biochemistry. 37 (27) : 9650-9657, 1998. (共著)
6) Systemic Separation and Purification of Elastase, Gelatinase (Matrix Metalloproteinase 9), and Collagenase (Matrix Metalloproteinase 8) from Polymorphonuclear Leukocytes in
Dialyzers Previously Used by Patients with Renal Failure. Protein Expression and Purification 22 :45-51, 2001. (共著)
7) Down-regulation of interleukin-1α-induced matrix metalloproteinase-13 expression via EP1 receptors by prostaglandin E2 in human periodontal ligament cells.
Oral. Microbiol. Immunol. 20 :56-59, 2005. (共著)
8)ヒト歯肉線維芽細胞におけるprostaglandin E2およびinterleukin-4によるinterleukin-1β誘導性matrix metalloproteinase-1の産生の調節. 日歯保存誌 48 :579-585, 2005. (共著)
9) Cyclooxygenase-2-derived prostaglandin E2 is involved in vascular endothelial growth factor production in interleukin-1α-stimulated human periodontal ligament cells. J. Periodont. Res. 44 :395-401, 2009. (共著)


教育・研究に対する考え方

正確な知識と技術に基づき、創造性があり、且つ、社会に貢献できる研究、講義が理想です。


研究シーズ集に関するキーワード

歯周病、マトリックス・メタロプロテアーゼ(MMP)、TIMP、コラーゲン


モバイル表示

PC表示