グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:坂田 昌弘

氏名
坂田 昌弘(SAKATA Masahiro)
出生年月
1953年6月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(水質・土壌環境研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
食品栄養科学部長
電話番号
054-264-5729
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12502号室
Eメールアドレス
sakatam(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~aqua/top.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/76sakata.pdf

学歴

1976年3月 静岡大学理学部化学科卒業
1978年3月 名古屋大学大学院理学研究科修士課程修了
1979年3月 名古屋大学大学院理学研究科博士課程退学


学位

理学博士(名古屋大学・1985年)


専門分野

環境化学、地球化学


担当科目

環境科学入門、化学Ⅱ、環境分析化学、循環資源論、環境科学英語Ⅱ、水質・土壌環境特論、地域・地球環境学特論


主要研究テーマ

・中国大陸からの微量元素の越境輸送に関する研究
・内湾・湖沼における微量元素の収支と発生源に関する研究
・駿河湾における微量元素の生物濃縮に関する研究


所属学会

日本地球化学会
日本環境化学会(評議員/理事)
日本海洋学会
環境科学会
日本水環境学会(中部支部理事)
静岡化学工学懇話会(幹事)


主な経歴

1979年4月~2005年3月 (財)電力中央研究所研究員(この間に環境化学グループリーダー等を歴任)
2005年4月~2014年3月 静岡県立大学環境科学研究所教授
2006年4月~2009年3月 環境科学研究所地域環境啓発センター長
2008年10月~2009年3月 環境科学研究所副所長
2009年4月~2013年3月 環境科学研究所長
2013年4月~2014年3月 環境科学研究所副所長/環境科学専攻長
2014年4月~現在 食品栄養科学部教授
2015年4月~2017年3月 食品栄養科学部副科学部長
2017年4月~現在 食品栄養科学部長
1997年4月~1999年3月 豊橋技術科学大学工学部非常勤講師
2001年4月~2009年3月 東京農工大学工学部非常勤講師
2006年4月~2007年3月 2009年4月~2011年3月 静岡大学農学部非常勤講師
2010年4月~2016年3月 名城大学農学部非常勤講師


受賞歴

2005年 第14回環境化学技術賞(日本環境化学会) 
2008年 2008年度環境科学会論文賞(環境科学会) 
2014年 第23回環境化学学術賞(日本環境化学会) 
2016年 2016年度環境科学会論文賞(環境科学会)


主な社会活動

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)テーマ公募型事業ピアレビューア
静岡県リサイクル製品認定審査委員
静岡県土地利用審査会委員
静岡県地価調査会委員
静岡県環境衛生科学研究所研究アドバイザー(顧問)
静岡県下水道公社評議員
静岡県スーパーグローバルハイスクール運営指導委員
環境研究総合推進費に係るアドバイザリーボード会合委員(環境省)
浜松医科大学環境報告書外部評価委員
国立環境研究所外部研究評価委員会委員


主要研究業績

○原著論文
1) Partitioning of heavy metals into mineral and organic fractions in a sediment core from Tokyo Bay. Geochim. Cosmochim. Acta 44, 1279-1285 (1980).
2) Diagenetic remobilization of manganese, iron, copper and lead in anoxic sediment of a freshwater pond. Water Res. 19, 1033-1038 (1985).
3) Movement and neutralization of alkaline leachate at coal ash disposal sites., Environ. Sci. Technol. 21, 771-777 (1987).
4) Relationship between adsorption of arsenic (Ⅲ) and boron by soil and soil properties. Environ. Sci. Technol. 21, 1126-1130 (1987).
5) Evaluation of possible causes for Japanese ceder (Cryptomeria japonica) based on elemental composition and δ13C of needles. Environ. Sci. Technol. 30, 2376-2381 (1996).
6) Evaluating possible causes for the decline of Japanese fir (Abies firma) forests based on δ13C records of annual growth rings. Environ. Sci. Technol. 34, 373-376 (2000).
7) Formation of atmospheric particulate mercury in the Tokyo metropolitan area. Atmos. Environ. 36, 237-244 (2002).
8) Dry deposition fluxes and deposition velocities of trace metals in the Tokyo metropolitan area measured with a water surface sampler. Environ. Sci. Technol. 38, 2190-2197 (2004).
9) Wet and dry deposition fluxes of mercury in Japan. Atmos. Environ. 39, 3139-3146 (2005).
10) Mass balance and sources of mercury in Tokyo Bay. J. Oceanogr. 62, 767-775 (2006).
11) Regional variations in wet and dry deposition fluxes of trace elements in Japan. Atmos. Environ. 40, 521-531 (2006).
12) Estimating contribution of precipitation scavenging of atmospheric particulate mercury to mercury wet deposition in Japan. Atmos. Environ. 41, 1669-1680 (2007).
13) Factors contributing to seasonal variations in wet deposition fluxes of trace elements at sites along Japan Sea coast. Atmos. Environ. 43, 3867-3875 (2009).
14) Isotopic evidence of boron in precipitation originating from coal burning in Asian continent. Geochem. J. 44, 113-123 (2010).  
15) Effectiveness of sulfur and boron isotopes in aerosols as tracers of emissions from coal burning in Asian continent. Atmos. Environ. 67, 296-303 (2013).
16) Relationship between trace-element concentrations and stable nitrogen isotope ratio in biota from Suruga Bay, Japan. J. Oceanogr. 71, 141-149 (2015).
17) Variations in atmospheric concentrations and isotopic compositions of gaseous and particulate boron in Shizuoka City, Japan. Atmos. Environ. 148, 376-381 (2017).

○著書
坂田昌弘(編著) 「エキスパート応用化学テキストシリーズ 環境化学」,講談社,2015年10月.


教育・研究に対する考え方

教育:21世紀は「環境」の世紀と目されており、環境化学を専門とする人材を育成することにより社会的使命に応えたい。また、社会の中で自立する上で必要な論理的思考力を育成したい。
研究:地球を1つのシステムと捉えるマクロな視点から環境中における有害化学物質の循環に関する研究を行うことにより、それらによる環境汚染の解明やリスク評価に貢献したい。


研究シーズ集に関するキーワード

重金属、環境汚染、濃度分析、同位体分析、発生源、環境中動態


モバイル表示

PC表示