グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
石垣 範子(ISHIGAKI Noriko)
所属・職名
看護学部看護学科(老年看護学) 助教
電話番号
054-202-2650
部屋番号
教育棟(小鹿キャンパス)503号室
Eメールアドレス
ishigaki(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/141aishigaki.pdf

学歴

1990年3月 日本赤十字看護大学看護学部看護学科卒業
1996年3月 日本赤十字看護大学看護学研究科修士課程 修了


学位

看護学修士(日本赤十字看護大学看護学研究科修士課程 1996年)


専門分野

老年・地域看護


担当科目

老年看護学 老年看護学演習 老年看護学実習Ⅰ 老年看護学実習Ⅱ


主要研究テーマ

継続看護 退院支援 老年看護実習


所属学会

日本地域看護学会
日本在宅ケア学会
せいれい看護学会
日本看護学教育学会


主な経歴

1990年4月 東海大学医学部付属病院 看護師
1996年4月 聖マリアンナ医科大学病院 看護師
2005年4月 川崎区田島地区健康福祉ステーション 非常勤嘱託職員(保健師)
2006年4月 ひさすえ地域包括支援センター 保健師  
2007年1月 静岡県立大学短期大学部看護学科 非常勤嘱託職員(看護師)
2007年4月 静岡県立大学短期大学部看護学科 助教


主な社会活動

 


主要研究業績

・介護老人保健施設での老年看護実習における学生の学びについて(老年看護実習で困難感を表出した学生の学び)静岡県立大学短期大学部紀要 第27号 p37-49 2013
・介護老人保健施設での老年看護実習における学生の困難感について 静岡県立大学短期大学部紀要 第26号 p43-55 2012
・院内教育にプリセプターシップを導入した新人看護者に関する調査研究(修士論文)
・A県訪問看護師による退院支援に関する実態調査 P164,第14回
日本在宅ケア学会学術集会2009


教育・研究に対する考え方

教育:学生が看護援助を通して対象の理解を深め、個別性をふまえながらより主体的に援助できるように共に考えていきたい。
研究:看護の基礎教育や継続教育に活かせるような研究テーマに取り組み、研究で得られた示唆を授業や実習指導等の実践に取り入れていきたい。


研究シーズ集に関するキーワード

介護老人保健施設、老年看護実習、学生、困難感の中にある学び


モバイル表示

PC表示