グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
古賀 震(KOGA Shin)
所属・職名
看護学部 基礎医学講座(内科学血液腫瘍研究室) 教授
健康支援センター分所長
Eメールアドレス
koga(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/146koga.pdf

学歴

1985年3月 熊本大学医学部卒業
1991年3月 熊本大学大学院医学研究科博士課程修了


学位

医学博士(熊本大学・1991年)


専門分野

内科学、血液病学、凝固線溶学、腫瘍免疫学、膠原病学、アレルギー病学、感染症学


担当科目

基礎セミナー、医学一般(基礎)、健康と社会、看護総合セミナーI、病態学


主要研究テーマ

1) 心筋梗塞、脳血管障害、肺梗塞などに代表される血栓症の新しい分子マーカーの開発研究
2) 癌の転移のメカニズムとその早期発見、診断のための分子マーカーの開発研究
3) 種々の病気、病状、病態における生命予後の分子マーカーの開発研究
4) 播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC)の病態解析とその検査、早期診断、治療についての臨床的研究
5) 成人T細胞白血病(ATL/L)の発症高危険群の同定とその発症予防に関する研究
6) ATL/L由来の低血糖惹起活性物質の同定に関する研究
7) リウマチ性多発筋痛症(PMR)の発症機序の解析と治療法に関する研究
8) 血管内皮細胞を中心とした新しい凝固線溶学の研究
9) メタボリック症候群の診断、検査、治療、予防に関する研究
10) 感染症、肺炎の早期診断、肺炎の重症化の機序
11) 生活習慣病の改善による高血圧、骨粗鬆症のコントロール、予防に関する研究
12) 紙オムツの新しい可能性(新型紙オムツによる脱水の早期発見、推察の開発!!)


所属学会

国際血栓止血学会、日本血液学会代議員、日本血栓止血学会評議員、日本臓器保存生物医学会評議員、日本内科学会、日本輸血・細胞治療学会、日本癌学会、日本動脈硬化学会、日本臨床検査医学会、日本検査血液学会、日本血管生物学会、日本心血管作動物質学会、日本生化学会、日本DIC学会


主な経歴

1985年4月~1986年3月 熊本大学医学部第二内科学講座(高月清教授)入局 同附属病院にて医学実地研修開始
1986年4月~1987年3月 熊本赤十字病院 内科勤務
1990年 3月~1992年8月 米国コロンビア大学医学部研究員
1992年8月~1994年4月 熊本大学医学部第二内科医員、第二内科感染対策委員会副委員長
1994年4月~1997年 6月 宮崎医科大学臨床検査医学講座 助手、講師 
1997年4月~2003年10月 健康保険 天草中央総合病院 内科医長、血液免疫内科部長 
2003年11月~2005年4月 和歌山県立医科大学 輸血・血液疾患治療部(血液内科) 助教授
2005年5月~2016年9月 静岡県立大学 短期大学部 看護学科 内科学血液腫瘍研究室 教授
2005年5月~現在 和歌山県立医科大学 血液内科学講座 非常勤講師
2005年6月~2007年3月 静岡県立大学 学長補佐
2008年4月~2010年3月 静岡県立大学 短期大学部 附属図書館長
2008年4月~現在 静岡県立大学 小鹿キャンパス健康支援センター長(兼任 産業医)
2008年4月~現在 静岡県立大学 感染症管理対策委員長
2012年10月~2014年3月 静岡県立大学 学長戦略会議委員会 委員
2014年4月~2016年3月 静岡県立大学 短期大学部学生部長
2016年4月~現在 静岡県立大学 看護学部 基礎医学講座(内科学血液腫瘍研究室)教授

専門認定資格・ライセンス
1985年5月 医師免許
1995年8月 日本内科学会認定内科医
2001年9月 日本医師会認定産業医
2002年4月 日本血液学会認定血液専門医、日本血液学会認定血液指導医


受賞歴

1) ISTH 1991 Young Investigator Award (Title: Synthesis and Release of Interleukin-1by Reoxygenated Human Mononuclear Phagocytes.)
2) 1995年1月20日 平成6年度 宮崎医科大学医学部 教育研究学内特別研究費受賞  
 研究題目: 低酸素環境下における細胞障害の発症メカニズムの解析
3) 1995年2月1日 平成6年度公益信託 臨床病理学研究振興基金 研究奨励金受賞
研究題目: TNF誘発性血管内皮細胞障害の発症機序とその制御 (於東京)
4) 1996年 1月19日 平成7年度 宮崎医科大学医学部 教育研究学内特別研究費受賞
研究題目: 低酸素環境下における血管新生の機序について
5) 1997年 2月1日 平成8年度 宮崎医科大学医学部 教育研究学内特別研究費受賞
研究題目: 低酸素-再酸素化モデルによる虚血-再灌流障害の発症機序の解析とその制御.
6) 2000年10月13日 第38回日本社会保険医学会総会、学会賞を受賞 (於下関)
研究題目:天草地域で最近一年間に多発したリウマチ性多発筋痛症11例の臨床解析
 -ウイルス感染症が関与か-
7) 2001年11月13日 第39回日本社会保険医学会総会、学会賞を受賞 (於横浜)
研究題目:成人T細胞白血病(ATL)の新しい病型分類と発症予知マーカ-の提案
 -天草地域における4年6ヵ月間の207症例からの臨床的検討による-
8) 2003年10月21日 第41回日本社会保険医学会総会、学会賞を受賞 (於仙台)
9) 静岡県立大学 学長表彰(教育研究活動において顕著な業績を挙げた功績、2015.3.23)


主要研究業績

1. Shin Koga, et al. Dynamic aspects of thrombus formation in mutant analbuminemic rats. Thrombosis Research 58:633-643,1990.
2. Shin Koga, et al. Synthesis and Release of Interleukin-1by Reoxygenated Human Mononuclear Phagocytes. J.Clin.Invest.90:1007-1015,1992.
3. Revati Shreeniwas, Shin Koga, et al. Hypoxia-Mediated Induction of Endothelial Cell Interleukin-1a: An Autocrine Mechanism for Promoting Expression of Leukocyte Adhesion Molecules on The Vessel Surface. J. Clin. Invest. 90: 2333-2339, 1992.
4. Mehmet C. Oz, Shin Koga, et al. Novel Preservation Solution Permits 24 Hours Preservation In a Rat and Baboon Cardiac Transplant Model. Circulation, 88, 291-297, 1993.
5. David J. Pinsky, Mehmet C. Oz, Shin Koga, et al. Cardiac Preservation Is Enhanced in a Heterotopic Rat Transplant Model by Supplementing the Nitric Oxide Pathway. J. Clin. Invest. 93: 2291-2297, 1994.
6. S. Koga, S. et al. TNF modulates endothelial properties by decreasing cAMP., Am. J. Physiol. 268, (5)(Cell Physiol. 37): C1104-1113, 1995.
7. Jun-ichirou Yasunaga, Shin Koga,S. et al. Impaired production of naive T lymphocytes in human T-cell leukemia virus type I-infected individuals:its implications in the immunodeficient state.Blood 97 (10):3177-3183,2001.
8. Shin Koga, et. al.. A novel molecular marker of soluble fibrin monomer-fibrinogen complex is quite valuable for differential diagnosis of septic pneumoniae and simple pneumoniae. JTH3(1):87, 2005.
9. Satoshi Gando, Hideo Wada, Hidesaku Asakura, Shin Koga,et al. Evaluation of New Japanese Diagnostic Criteria for Disseminated Intravascular Coagulation in Critically Ill Patients.Clin Appl Thrombosis/Hemostasis/11(1):71-76,2005
10. Mariko Watanabe, Shin Koga,et al. Dual targeting of transformed and untransformed HTLV-1-infected T cells by DHMEQ,a potent and selective inhibitor of NF-kB,as a strategy for chemoprevention and therapy of adult T-cell leukemia.Blood106(7):2462-2471,2005
11. Hidesaku Asakura, Hideo Wada, Kohji Okamoto, Shin Koga,et al. Evaluation of haemostatic molecular marks for diagnosis of disseminated intravascular coagulation in patients with infections. Thrombosis and Haemostasis 95:282-287,2006.
12. Hitoshi Matsuoka, Atsuko Tsukamoto, Akihiko Shiraishi, Shin Koga, et al. Efficacy of intravenous ciprofloxacin in patients with febrile neutropenia refractory to initial therapy. Leukemia and Lymphoma47(8):1618-1623,2006.
13. Shin Koga, Shigekazu Tamimoto, Mikio Yonemura, Shingo Yamada, Jorge Sakurai, CLINICAL SIGNIFICANCE OF HMGB-1, SF AND PAI-1 AS A VITAL- PROGNOSIS MARKER, J Thromb Haemost 2007; 5 Supplement.
14. 古賀 震、他(共著)「医学書院 医学大辞典」第2版 総編集:伊藤正男・井村裕夫・高久史磨,
2009,2.15. 医学書院.
15. 古賀 震、他「科学的根拠に基づいた感染症に伴うDIC治療のエキスパートコンセンサス-日本血栓止血学会学術標準化委員会DIC部会-」『日本血栓止血学会誌』20巻 1号 p77-113 2009.
16. 古賀 震、他「静岡市の健診における外国人労働者のメタボリック症候群の現状と血栓症予防対策について」、『日本血栓止血学会誌』20巻2号, p262, 2009年
17. Wada H, Asakura H, Okamoto K, Iba T, Uchiyama T, Kawasugi K, Koga S, et al. Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee. Expert consensus for the treatment of disseminated intravascular coagulation in Japan. Thrombosis Research.January 2010, Pages 6–11.
18. Kohji Okamoto , Hideo Wada , Tsuyoshi Hatada , Toshimasa Uchiyama , Kazuo Kawasugi ,Toshihiko Mayumi , Satoshi Gando , Shigeki Kushimoto , Yoshinobu Seki , Seiji Madoiwa ,Hidesaku Asakura , Shin Koga , Toshiaki Iba, Ikuro Maruyama and Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee.:Frequency and hemostatic abnormalities in pre-DIC patients. Thrombosis Research 126 (2010) 74–78.
19. 古賀 震、他:SFが異常値を呈した症例の臨床解析,日本血栓止血学会誌、Vol.21, No,2, p196, 2010.
20. 古賀 震、他:Pre-DIC状態における止血径分子マーカーの検討,日本血栓止血学会誌、Vol.21, No,2, p198, 2010.
21. 古賀 震、他:静岡県立大学短期大学部 健康支援センター活動報告 2011 (2011.04-2012.03)
22. Shin Koga, et. al..A novel molecular marker of Soluble Fibrin Monomer Fibrinogen Complex is quite useful for differential diagnosis of Septic Pneumonias and Simple Pneumonias. The 10th China Japan International Symposium on Health Sciences Program and Absracts:p10-11, 2012.
23. Shin Koga, et. al.:Consider the cooperation with foreign nurses - from the standpoint of the doctor -With the aim of nursing human resource development of recycling in Asia. University of Shizuoka 25th Anniversary International Nursing Forum 2013, 17th-18,th (2012.3.20). 
24. Shin, Koga, et al.: Junior College, University of Shizuoka Health Support Center Annual Report 2012 (2012.04-2013.03).
25. Shin, Koga, et al.:Evidence of Coagulation & Fibrinolysis molecular marker (TAT, SF, FMC, PIC)in DIC diagnosis. 7th The Japanese Society on Thrombosis and Haemostasis Scientific standardization Committee Symposium 2014(SSCS 2103):p36-42, Jan. 12th, 2013.
26. Shin, Koga, et al.: Junior College, University of Shizuoka Health Support Center Annual Report 2013 (2013.04-2014.03).
27. Expert consensus based on the evidence for the treatment of disseminated intravascular coagulation due to infection. (Additional version): Japanese Society on Thrombosis and Haemostasis Scientific Standardization Committee / DIC subcommittee. Japanese Society on Thrombosis and Haemostasis Journal 25 (1): 123-125, 2014.
28. 古賀 震、他:凝固系分子マーカーを用いた重症症例の解析. 第11回TTMフォーラム記録,P133-137, 2012.1.27.
29. 古賀 震、他:外国人看護師との協働を考える-医師の立場から – アジアにおける循環型の看護人材育成を目指して.静岡県立大学創立25周年記念事業 国際看護フォーラム.17-18, 2012.3.20
30. 古賀 震、他:静岡県立大学短期大学部 健康支援センター活動報告 2012 (2012.04-2013.03) .
31. 古賀 震、他:DIC診断における凝固・線溶系分子マーカー(TAT、SF、FMC、PIC)のエビデンス .第7回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム(Scientific Standardization Committee Symposium 2013):p36-42, Jan. 12th, 2013.
32. 古賀 震、他:臨床に直結する血栓止血学 中外医学社、p60-63, 2013年10月15日
33. 古賀 震、他:静岡県立大学短期大学部 健康支援センター活動報告 2012 (2012.04-2013.03)
34. 古賀 震、他:静岡県立大学・静岡県立大学短期大学部における感染症(麻疹、B型肝炎、季節性・新型インフルエンザ・ノロウイルス・輸入感染症)に対する現状の調査と感染症予防策に関する研究、USフォーラム 2013.
35. 古賀 震、他:静岡県立大学短期大学部 健康支援センター活動報告 2013 (2013.04-2014.03) .
36. 古賀 震、他:日本血栓止血学会学術標準化委員会DIC部会ガイドライン作成委員会. 科学的根拠に基づいた感染症に伴う DIC治療のエキスパートコンセンサスの追補、日本血栓止血学会誌 25(1):123-125, 2014.
37. Shin Koga Clinical Usefulness of the Measurement of Soluble Fibrin Monomer-Fibrinogen Complex (SF) in Patients with the Disseminated Intravascular Coagulation Syndrome (DIC) or with Hypercoagulable States.Program of The 11th Japan-China International Symposium on Health Sciences. Pragram and Abstracts Organized by Unversity of Shizuoka, Zhejiang Academy of Medical Sciences November 5-6,2014 Shizuoka, Japan, p17.
38. 古賀 震 : 凝固系分子マーカー 徹底ガイド DICのすべて2014 -15 (救急・集中治療vol.26 No,5・6)p721-727, 2014
39. 古賀 震他:脱水を簡単に推察できる新しい紙オムツの開発. ファルマバレープロジェクト新技術説明会(New Technology Presentation Meetings! ) 予稿集、国立研究開発法人 科学技術振興機構(Japan Science and Technology Agency:JST), p27-32, 2015.6.16発行
40. 古賀 震他:生活習慣改善による血圧コントロールに関する研究 公益財団法人 SBS静岡健康増進センター平成26年度年報、p56,平成26年12月26日発行.
41. 古賀 震他:生活習慣改善による骨密度変化に関する研究 公益財団法人 SBS静岡健康増進センター平成26年度年報、p57,平成26年12月26日発行.
42. 古賀 震他:静岡県立大学短期大学部(小鹿キャンパス) 健康支援センター活動報告 2014 (2014.04-2015.03), 2015.07
43. 古賀 震他:時間経過と共に採血直後減少していた血小板数が徐々に改善した症例の検討 日本血栓止血学会学誌:p252, 26 (2) : 2015.
44. 古賀 震他:採血からの時間経過に伴い血小板数が正常化した症例 第14回TTMフォーラム記録,p19-24, 2015.2.6.

発明・特許
1. A NEW SOLUTION FOR PROLONGED ORGAN PRESERVATION
(Application for United States Getters Patent)        
2. 高吸水性ポリマーからの体液成分抽出法の開発(特許取得)
 -紙オムツを用いた尿中ケトン体の新しい測定法-    古賀 震(内科)他
3. 尿中ケトン体検出紙オムツ(特許出願番号 特願2016-075177)古賀 震(静岡県立大学)


教育・研究に対する考え方

教育:大学とはこれまでの小・中学校の義務教育とは異なり又、高等学校の自主性をさらに重んじ、学生自ら考えて、自ら積極的に勉強、行動できるように支援したい。学生の自主性、個性、可能性を最大限に伸ばせるように協力したい
研究:基礎から臨床分野まで未知の事象や検査、診断、治療法などに対して新しい発見を目指して、これまでにないユニークな研究をしたい。学生と共に研究のすばらしさをエンジョイしたい。


研究シーズ集に関するキーワード

血液学、凝固線溶学、血管内皮細胞、動脈硬化、脱水を推察できる新しい紙おむつ、ATL(HTLV-1)、DIC,SF(soluble fibrin)、リウマチ性多発筋痛症(PMR)、メタボリック症候群


モバイル表示

PC表示