グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
永谷 実穂(NAGATANI Miho)
所属・職名
看護学部看護学科(母性看護学) 講師
Eメールアドレス
nagatani(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2010年3月 静岡大学教育学研究科修士課程修了
2011年3月 武蔵野大学人間関係学科卒業


学位

教育学修士(静岡大学・2010年)


専門分野

母性看護学


担当科目

対象の理解Ⅲ、母性看護学Ⅱ、母性看護学演習、母性看護学実習、発展看護実習、卒業研究、チーム医療演習


主要研究テーマ

周産期看護に関する研究
臨地実習における看護学生の自己効力感に関する研究


所属学会

母性衛生学会
日本母性看護学会
日本看護学教育学会
日本心理学会
更年期と加齢のヘルスケア学会


主な経歴

2002年2月 静岡県立大学短期大学部 非常勤助手
2002年10月 静岡県立大学短期大学部 助手
2007年4月 静岡県立大学短期大学部 助教
2011年6月 静岡県立大学短期大学部 講師


主な社会活動

2003年~焼津市介護認定審査会 委員          


主要研究業績

・「臨地実習が看護学生の自己効力感に与える影響」静岡大学大学院教育学研究科修士論文,2010.3
・妊産婦が望む「主体的出産」支援の現状―勤務助産師への調査から―(共著)、第35回日本看護学会論文集―母性看護―、69-71、2004 
・「主体的出産」を支援する助産師のセルフエスティーム―S県内の助産師の調査より―(共著)、第36回日本看護学会論文集―母性看護―、65-67、2005
3・母性看護実習における学生のセルフエスティームの変化に関する研究(共著)、静岡県立大学短期大学部特別研究報告書17年度(Web版)  
・臨知実習における自己効力感の変化に関する研究、静岡県立大学短期大学部2010年度研究紀要、1-12、2010


教育・研究に対する考え方

教育:母性看護学(講義、演習)・母性看護実習を通して母性を身近なものとしてとらえ、母性とは何かを考える機会を提供していきたい。
研究:探究心を持って取り組み、臨床および教育活動に生かしていけるように取り組んでいきたい。


モバイル表示

PC表示