グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
斎藤 貴江子(SAITO Kieko)
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
(茶学総合研究センター)
電話番号
054-264-5920
部屋番号
食品栄養科学部棟5222号室
Eメールアドレス
saitok(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/tsc/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/87saito.pdf

学歴

1983年3月 日本大学生物資源科学部農芸化学科卒業
1990年3月 日本大学大学院農学研究科修了


学位

博士(農学)


専門分野

食品栄養化学、植物環境工学


担当科目

茶学入門、環境生物学総論、環境生命科学英語、情報科学、環境生命科学実験Ⅰ~Ⅳ、化学実験


主要研究テーマ

1. 低カフェイン茶を用いた後発酵茶の開発と生体機能性に関する研究
2. 茶花のハチミツの生産と有効性
3. 茶樹の水耕栽培による根の機能性


所属学会

日本農芸化学会
日本栄養・食糧学会
日本酸化ストレス学会
植物環境工学会
Society for Free Radical Research


主な経歴

1990年4月 理化学研究所
1992年4月 National Institutes of Health Gerontology research Center (USA)
1996年4月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科 助手
1997年4月 静岡県立大学環境科学研究所 助手(兼任)
2007年4月 同 助教 (職名変更により)


主な社会活動

静岡市環境審議会委員
静岡県食と農が支える豊かな暮らしづくり審議会委員


主要研究業績

○学術論文
・Saito K., Nagahashi R., Ikeda M., and Nakamura Y. Honeybee (Apis mellifera L, Hymenoptera: Apidae) produce honey from flowers of tea plants (Camellia sinensis L., Theaceae). Am. J. Exp. Agri. 10, 1-4. 2016
・斎藤貴江子:茶樹の水耕栽培による根の有効利用. New Food Industry Vol.57 No.11,pp. 35-38 (2015)
・Saito, K., Furue K., Kametani, K., and Ikeda, M. Roots of Hydroponically Grown Tea (Camellia sinensis) Plants as a Source of a Unique Amino Acid, Theanine. Am. J.
Exp.Agr. 4(2): 125-129, 2014


教育・研究に対する考え方

植物の驚くべき生命力とその不思議を解明するために信念と情熱をもって取り組みたい。学生と一喜一憂しながらexcitingに研究するのがベスト。


研究シーズ集に関するキーワード

茶、根、水耕栽培、花茶、ハチミツ、テアニン、後発酵茶


モバイル表示

PC表示