グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
今福 恵子(IMAFUKU Keiko)
所属・職名
看護学部看護学科(在宅看護学) 講師
Eメールアドレス
imafuku(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2002年3月 明星大学人文学部心理・教育学科卒業
2006年3月 静岡大学大学院 人文社会科学研究科 比較地域文化専攻修了
2014年3月 聖隷クリストファー大学大学院 博士後期課程 保健科学研究科修了


学位

文学修士(静岡大学・2006年)
看護学博士(聖隷クリストファー大学・2014年)


専門分野

在宅看護学、訪問看護


担当科目

在宅看護学、在宅看護学演習、在宅看護学実習、卒業研究、発展看護実習Ⅰ・Ⅱ、地域家族支援論、チーム医療演習


主要研究テーマ

・難病患者の災害支援
・在宅ケアにおける専門職連携
・在宅療養者における口腔ケア
・在宅ケアにおける困難事例の支援


所属学会

日本看護科学学会
日本難病看護学会
日本在宅看護学会
日本質的心理学会
せいれい看護学会
日本健康教育学会


主な経歴

2001年4月 静岡県立大学短期大学部看護学科 助手
2007年4月 静岡県立大学短期大学部看護学科 助教
2009年4月 静岡県立大学短期大学部看護学科 講師
2016年10月 静岡県立大学看護学部看護学科 講師


主な社会活動

  


主要研究業績

・「パーキンソン病療養者に対する災害支援の研究―災害時の一般避難所における保健師の支援課題―」聖隷クリストファー大学大学院 保健科学研究科 博士論文。2014
・「標準保健師講座3 対象別地域看護活動 第12章災害看護」,p318-334,医学書院,2013.3
・「在宅における「行動障害および精神症状」を有する認知症高齢者の支援に関する専門職連携の在り方について」,日本保健医療福祉連携教育学会,Vol5,No.1,p11-20, 2012.9
・「在宅における脳血管障害療養者の口腔ケアフローチャートの開発」(財)在宅医療助成勇美記念財団 在宅医療助成(一般公募)完了報告書.2009


教育・研究に対する考え方

・学生との対話を大切にしながら、主体的に学べるようサポートしていきたい。
・現場への還元を念頭に、訪問看護師、看護師、患者会等他職種と協働しながら研究していきたい。


モバイル表示

PC表示