グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
野嶋(旧姓:佐原) 秀子(NOJIMA Hideko)
出生年月
1953年12月
所属・職名
短期大学部一般教育等 講師
電話番号
054-202-2632
部屋番号
短期大学部教育棟406号室
Eメールアドレス
nojima(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1976年3月 静岡薬科大学薬学部薬学科卒業


学位

薬学士


専門分野

溶液化学、物理化学


担当科目

生活の化学


主要研究テーマ

・両親媒性物質水溶液の物理化学
・老化熱の測定


所属学会

・日本化学会(コロイド部会員)
・繊維製品消費科学会


主な経歴

1976年3月 静岡女子短期大学助手 
1987年4月 静岡県立大学短期大学部助手 
2000年4月 静岡県立大学短期大学部講師


主要研究業績

○学術論文
1)貝沼 やす子、佐原 秀子、原田 茂治、”米飯の老化熱とテクスチャーとの関係”、日本食品科学工学会誌、51(12),665-671(2004).
2)原田茂治、佐原秀子、Titration Calorimetryデータの取扱、静岡県立大学短期大学部研究紀要、(11-3),3-1 - 3-10(1998).
3)Shigeharu Harada, Hideko Sahara, and Hisao Oshikubo,Effect of Sodium Dodecyl Sulfate on Conformational Transition of Poly(methacylic Acid), Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, 38,139 -140 (1995)
4)Shigeo Kato, Shigeharu Harada, and Hideko Sahara,Ultrasonic Relaxation and Volumetric Studies of the Micelle/Monomer Exchange Process in Aqueous Solutions of the Nonionic Surfactants C7E4,C8E4,and C8E5. The Journal of Physical Chemistry, 99, 12570 - 75 (1995).
5)Shigeharu Harada and Hideko Sahara,Volumetric Behavior of Micellization of Acyl-N-methylglucamide Surfactants in Water, Langmuir,10, 4073 - 76 (1994).


教育・研究に対する考え方

教育:まず真面目に取り組んでみましょう。時間をかけて自分の頭で考えていきましょう。この過程を積み重ねることで徐々に科学的な思考方法に辿り着けることと思います。この思考方法を自分の人生について考えるときにも使ってみましょう。化学を勉強することがあなたの人生の自助となれば幸いです。
研究:様々な物質が溶液を形成するときあるいは溶液を形成できないときに現れる物理化学的変化をより統一的・普遍的に記述することを目的として研究を行っています。


モバイル表示

PC表示