グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
林 恵嗣(HAYASHI Keiji)
出生年月
1979年2月
所属・職名
短期大学部一般教育等 准教授
部屋番号
短期大学部教育棟413号室
Eメールアドレス
khayashi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/150hayashi.pdf

学歴

2001年3月 筑波大学体育専門学群卒業
2006年3月 筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻修了


学位

博士(学術)(筑波大学・2006年)


専門分野

運動生理学
環境生理学


担当科目

体育実技、健康科学論、保育表現技術 Ⅱ(身体)
○看護学部「運動と健康の生理学 身体運動科学AI」


主要研究テーマ

・暑熱下運動時における呼吸循環調節


所属学会

・日本体力医学会
・日本運動生理学会
・日本生理人類学会
・American College of Sports Medicine
・The American Physiological Society


主な経歴

2006年4月~2007年3月 筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究員(COE)
2007年4月~2016年3月 静岡県立大学短期大学部 講師
2016年4月~ 静岡県立大学短期大学部 准教授


受賞歴

2004年 第18回運動と体温の研究会 若手奨励賞
2007年 日本生理人類学会第55回大会 発表奨励賞
2016年 静岡県立大学平成26年度教員活動評価学長表彰
2017年 静岡県立大学平成27年度教員活動評価学長表彰


主な社会活動

2007年6月~2009年3月 財団法人静岡県体育協会スポーツ医・科学委員会フィジカルサポート班員


主要研究業績

○学術論文
・Characteristics of hyperthermia-induced hyperventilation in humans. Temperature. 3: 146-160, 2016.
・Ventilatory response to increasing body temperature: characteristics and effect on central fatigue. J Phys Fitness Sports Med. 4: 143-149, 2015.
・Effect of postprandial thermogenesis on the cutaneous vasodilatory response during exercise. Appl Physiol Nutr Metab. 39: 920-926, 2014.
・Effect of hyperthermia-induced hyperventilation on central fatigue during exercise in heat. J Phys Fitness Sports Med. 1: 671-673, 2012.
・Effect of menstrual cycle phase on the ventilatory response to rising body temperature during exercise. J Appl Physiol. 113:237-245, 2012.
・Relationships between the extent of apnea-induced bradycardia and the vascular response in the arm and leg during dynamic two-legged knee-extension exercise. Am J Physiol Heart Circ Physiol.302:H864-871,2012
.Effect of CO2 on the ventilatory sensitivity to rising body temperature during exercise .J Appl Physiol.110:1334-1341,2011
・The cross-sectional relationships among hyperthermia-induced hyperventilation, peak oxygen consumption, and the cutaneous vasodilatory response during exercise. Eur J Appl Physiol. 107: 527-534, 2009.
・The effects of hypohydration on hyperthermic hyperpnea and cutaneous vasodilation during exercise in men. J Appl Physiol. 105: 1509-1518, 2008. 
・Effects of chemoreflexes on hyperthermic hyperventilation and cerebral blood velocity in resting heated humans. Exp Physiol. 93: 994-1001, 2008.
・Modulation of the control of muscle sympathetic nerve activity during incremental leg cycling. J Physiol. 586:2753-2766, 2008.
・Comparison of hyperthermic hyperpnea elicited during rest and submaximal, moderate intensity exercise. J Appl Physiol. 104: 998-1005, 2008.
・Relationship between resting ventilatory chemosensitivity and maximal oxygen uptake in moderate hypobaric hypoxia. J Appl Physiol. 103: 1221-1226, 2007.
・Metabolic response during intermittent graded sprint running in moderate hypobaric hypoxia in competitive middle-distance runners. Eur J Appl Physiol. 99: 39-46, 2007.
・Relationship between ventilatory response and body temperature during prolonged sub-maximal exercise. J Appl Physiol. 100: 414-420, 2006.
・Intermittent short-term graded running performance in middle-distance runners in hypobaric hypoxia. Eur J Appl Physiol. 94: 254-261, 2005.
・Effects of brief leg cooling after moderate exercise on cardiorespiratory responses to subsequent exercise in the heat. Eur J Appl Physiol. 92: 414-420, 2004.
・Modulation of control of muscle sympathetic nerve activity during orthostatic stress in humans. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 287: H2147-H2153, 2004.
・Modulation of arterial baroreflex dynamic response during mild orthostatic stress in humans. J Physiol. 557: 321-330, 2004.
○著書
・人間科学の百科事典.(6. ヒトと環境, 12. 高温環境.) 丸善出版, 東京, p.287-288, 2014.
・身体運動と呼吸・循環機能.(I. 呼吸機能, 5. 体温と換気亢進.)真興交易㈱医書出版部, 東京, p. 48-53, 2012.
・体温Ⅱ –体温調節システムとその適応-.(第3章 体温調節システムと呼吸調節, Ⅱ. ヒトにおける暑熱下運動時の換気調節) ナップ, 東京, p.131-140, 2010.
・循環Ⅱ -運動時の調節と適応-.(Ⅳ章 運動環境, 1. 暑熱, 寒冷環境) ナップ, 東京, p.131-140, 2007.


教育・研究に対する考え方

教育:知識とは、自ら進んで勉強して得るものだと考えています。したがって、我々教育者は、学生が、ある事柄に対して興味を持って、自主的に取り組めるように導くことが重要だと考えています。
研究:自分の行っている研究が、社会に対してどのような意義があるのかを常に考えながら研究活動を行わなければならないと考えています。


研究シーズ集に関するキーワード

体温調節、呼吸、循環、脳血流、中枢性疲労


モバイル表示

PC表示