グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:ホーク フィリップ

氏名
ホーク フィリップ(HAWKE, Philip)
所属・職名
薬学部薬学科(科学英語分野) 准教授
薬学研究院(科学英語教室) 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5504
部屋番号
食品栄養科学部棟5111-2号室
Eメールアドレス
hawke(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/sci-eng/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/16Pfilip.pdf

学歴

2006年6月 サリー大学(英国)大学院言語学研究科修士課程修了
1996年6月 トロント大学(カナダ)社会学部卒業
1995年6月 トロント大学(カナダ)英語教育教員養成課程修了


学位

言語修士(サリー大学・2006年)


専門分野

英語教育


担当科目

薬食生命科学総合学府 科学英語プログラム: オーラル・コミュニケーション、アカデミック・ライティング、アカデミック・プレゼンテーション、インディペンデント・リスニング、スモール・グループ・ディスカッション、科学論文エディティング
薬学部: 薬学英語、科学演習Ⅰ
食品栄養科学部: 食品生命科学英語Ⅰ、食品生命科学英語Ⅱ、栄養生命科学英語


主要研究テーマ

・第二言語習得
・談話分析
・コーパス言語学
・英語教育法


所属学会

日本薬学教育会
日本第二言語習得学会
全国語学教育学会(JALT)


主な経歴

1996年8月 静岡県教育委員会中部教育事務所 外国語指導講師
1998年9月 静岡県立大学国際関係学部 外国語指導助手
2008年2月 静岡県立大学生活健康科学研究科・薬学研究科 特任准教授
2012年4月 静岡県立大学薬学部 講師
2017年4月 静岡県立大学薬学部 准教授


主な社会活動

2013年~現在 静岡県立総合病院 『医学英語研修プログラム』 指導講師
2013年~現在 科学技術振興機構 スーパーサイエンスハイスクール事業推進 (静岡県内採択高校対象) 協力者
2007年~2010年 静岡県地域限定通訳案内士試験 面接委員
1999年~2006年 日本国際連合協会英語検定 面接委員
1998年 静岡県教育研究会 中学校英語聴取力調査 協力者


主要研究業績

○学術論文
Kazuki Ide, Izumi Sato, Takumi Imai, Philip Hawke, Hiroshi Yamada, Yohei Kawasaki and Naohiko Masaki. Comparison of the safety profiles of pegylated interferon α-2a and α-2b administered in combination with ribavirin for chronic hepatitis C infection: A real-world retrospective cohort study. Biological and Pharmaceutical Bulletin 39, 2060-2065. 2016.
Philip Hawke. Improving English education for pharmaceutical science in Japan: The case of the Scientific English Program at the University of Shizuoka. 薬剤学75, 140-144. 2015.
Philip Hawke. Using internet-sourced podcasts in independent listening courses: Legal and pedagogical implications. JALT CALL Journal 6, 219-234. 2010.
Kirk C. Hyde and Philip Hawke. Development and evaluation of norm-referenced language tests. 『ことばと文化』 第11号, 静岡県立大学, 37-50. 2008.
Philip Hawke and Noriko Yoshimura. From everyday conversation to scholarly presentations: Developing learners’ academic language proficiency. Ars Linguistica 13, 21-41. 2006.

○著書
Philip Hawke and Robert Whittier. 『日本人研究者のための絶対できる英語プレゼンテーション』. 羊土社, 2011.
Angela Buckingham and Philip Hawke. My First Passport 2. オックスフォード大学出版局, 2006.
Angela Buckingham and Philip Hawke. My First Passport 1. オックスフォード大学出版局, 2005.

○招待講演(抜粋)
Philip Hawke. Simplify your presentation to clarify your message: Making your slides, grammar, and vocabulary easier to understand. 東京大学医科学研究所 IMSUT Young Scientists English Meeting 2016,千葉市, 2016年11月14日.
Philip Hawke. The English used in scientific writing and scientific presentations is different: Ways to make your English presentations sound more natural. 鳥取大学大学院連合農学研究科 Academic Science Communication Meeting 2016, 鳥取県西伯郡, 2016年10月13日.
Philip Hawke. Simpler presentations for clearer scientific messages: Using simpler slides, grammar, and vocabulary to make your English presentation easier to understand. 日本薬剤学会Global Education Seminar West 2016, 京都市, 2016年9月2日.
Philip Hawke. Making your English presentation easy to understand: Clear data and clear pronunciation. 第50回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 兵庫県神戸市, 2014年9月27日.
Philip Hawke. Making your work understandable to scientists from other research areas: Clear slides and clear pronunciation. 東京大学医科学研究所 IMSUT Young Scientists English Meeting 2013, 静岡県熱海市, 2013年11月12日.
Philip Hawke. Efficiently improving English presentations: Making your slides and pronunciation easier to understand. 第72回日本医学放射線学会総会, 神奈川県横浜市, 2013年4月12日.
Philip Hawke. English presentation skills for high school science students: Solving typical problems. 静岡県立清水東高等学校 スーパーサイエンスハイスクール研究成果発表会, 静岡市, 2013年2月25日.
Philip Hawke. English presentation skills for Japanese life scientists: From slide design to pronunciation. 京都大学理学研究科Global COE English/Globalization Program Innovations and Outcomes, 京都大学, 2012年2月27日.
Philip Hawke. Increasing the linguistic intelligibility of scientific presentations using a five-level pronunciation analysis of stress and emphasis. 東京大学医科学研究所 IMSUT & RCAST Global COE Meeting “Tackling Cancer: Young Scientists' Work In Their Own Words”, 韓国・済州島, 2009年3月26日.

○口頭発表
Philip Hawke. Pronunciation markup on every handout!: An efficient system for adding intuitively-readable stress and intonation information. JALT 2010, 名古屋市, 2010年11月19日.
Philip Hawke. Using podcasts in independent listening courses: Legal and pedagogical implications. JALT CALL 2009, 東洋学園大学, 2009年6月26日.
Philip Hawke. Making presentations in a second language: Strategies for overcoming accent problems. 日本第二言語習得学会 第7回年次大会, 静岡県立大学, 2007年5月19日.
Philip Hawke. Scholars from the start: Developing learners’ academic language proficiency through presentations. 中部言語学会第 52回研究会, 静岡県立大学, 2006年12月17日.

○ポスター発表
Philip Hawke. Possible future directions of English education for pharmaceutical science in Japan: Observations from the Scientific English Program at the University of Shizuoka. 第1回 日本薬学教育会大会, 京都市, 2016年8月28日.

○科学英語プログラム
静岡県立大学 科学英語プログラム, 2007年10月~現在
静岡県立総合病院 医学英語研修プログラム, 2013年4月~現在(月2回)
科学技術振興機構 スーパーサイエンスハイスクール事業推進 (静岡県内採択高校対象), 2013年2月~現在(協力者)
徳島大学 薬学英語研修プログラム, 2014年7月~現在(協力者)
京都薬科大学 大学院英語研修プログラム, 2014年11月~現在(協力者)

○ワークショップ(抜粋)
Philip Hawke and Mariko Jitsukawa. 京都薬科大学 大学院英語研修プログラム 「Mini Conference」&「研究室別指導プレゼンテーションセミナー」, 2016年11月25日.
Philip Hawke and Theresa M. Allen. 徳島大学 薬学英語研修プログラム 「薬学英語」&「プレゼンテーションセミナー」, 2016年10月20日~21日.
Toshiro Ohta and Philip Hawke. 静岡市立高校 スーパーサイエンスハイスクール 科学プレゼンテーション研修会, 静岡市立高校、2016年8月23日.
Philip Hawke and Mariko Jitsukawa. 京都薬科大学 大学院英語研修プログラム 「研究室別指導プレゼンテーションセミナー」&「Mini Conference」, 2015年11月20日.
ョンセミナー」, 2015年9月3日~4日.
Toshiro Ohta and Philip Hawke. 静岡市立高校 スーパーサイエンスハイスクール 科学プレゼンテーション研修会, 静岡市立高校、2015年8月25日、27日.
Philip Hawke and Mariko Jitsukawa. 京都薬科大学 大学院英語研修プログラム 「プレゼンテーションセミナー」&「Small Group Discussion演習」, 2014年11月28日.
Philip Hawke. Sharing your ideas clearly: Presentation skills for high school students. 静岡県立御殿場南高等学校 『アメリカ語学研修先での日本と静岡紹介のプレゼンテーション』ワークショップ, 御殿場市, 2014年10月20日.
Philip Hawke. 徳島大学 薬学英語研修プログラム 「ディスカッションセミナー」, 2014年7月17日~18日.
Philip Hawke. Tell us about your research: English presentation skills for “Super Science High School” students. 静岡県立磐田南高等学校 スーパーサイエンスハイスクール行事, 磐田市, 2013年6月28日.
Philip Hawke. “I really want to tell you about this!”: English presentation skills for high school students. 常葉学園高等学校 『イギリス語学研修先での日本と静岡紹介のプレゼンテーション』ワークショップ, 静岡市, 2012年7月18日.
Philip Hawke. English presentation skills for Japanese scholars: Improving pronunciation and the appeal of presentations. 静岡県立大学 言語コミュニケーション研究センター 公開ワークショップ『英語プレゼンテーション』, 静岡県立大学, 2012年2月22日.
Philip Hawke. Scientific communication: Essential presentation strategies. 静岡県立大学グローバルCOEプログラム特別セミナー『Teaching and Learning Scientific English』, 2008年5月8日.
Philip Hawke and Patrick Harrington. 「国際関係学部生プレゼンテーション・ワークショップ(初・中級)」 静岡県立大学, 2007年2月15~21日.
Philip Hawke. 「自然科学系大学院学生プレゼンテーション・ワークショップ」 静岡県立大学, 2006年12月21~27日.
Philip Hawke. 「国際関係学部生プレゼンテーション・ワークショップ(上級)」 静岡県立大学, 2005年12月12~25日.

○FDセミナー(抜粋)
Philip Hawke. 京都薬科大学 FDセミナー 「研究室別指導プレゼンテーションセミナー」, 2015年11月19日.
Philip Hawke. 徳島大学 FDセミナー 「研究室別指導プレゼンテーションセミナー」, 2015年9月3日.
Philip Hawke and Theresa M. Allen. 徳島大学 FDセミナー 「プレゼンテーション&ディスカッションセミナー」, 2014年10月28日.
Philip Hawke. 『薬学研究科/生活健康科学研究科教員向けディスカッション・セミナー』, 静岡県立大学, 2009年5月~2012年6月(毎月).
Philip Hawke and Toshiro Ohta. 「食品栄養学部教員向けLanguage Teaching & Technology Seminar」, 静岡県立大学, 2010年5月11日.
Philip Hawke. 『薬学研究科/生活健康科学研究科教員向け口頭発表プレゼンテーション・セミナー』, 静岡県立大学, 2008年10月21日~2009年3月17日(毎月).


教育・研究に対する考え方

教育面:授業では、国際的な舞台で活動できる能力と自信を獲得するために必要な言語力や専門技術だけでなく、卒業後も、生涯に渡って自主的に学習できるよう自己評価力の習得も目指す。
研究面:学生たちが言語やアカデミックスキルを習得する時に直面する問題の分析から開始したい。詳細な問題は、まず、その問題の背景にある一般的な原則を把握し、次に、問題解決のために有効な方法を見出し、そして最終的に、学生たちが自ら問題を解決できるような教材を開発したいと考える。


研究シーズ集に関するキーワード

科学英語、応用言語学、アカデミック・ライティング、英語プレゼンテーション、英語表現データベース


モバイル表示

PC表示