グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:増田 修一

氏名
増田 修一(MASUDA Shuichi)
出生年月
1969年2月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品衛生学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
電話番号
054-264-5528
部屋番号
食品栄養科学部棟5208号室
Eメールアドレス
masudas(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/foodhygn/index.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/52smasuda.pdf

学歴

1991年3月 静岡県立大学食品栄養科学部食品学科卒業
1994年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科食品栄養科学専攻修了


学位

食品栄養科学博士(静岡県立大学・2006年)


専門分野

食品衛生学、環境衛生学


担当科目

食品衛生学Ⅰ、食品衛生学Ⅱ、技術者倫理、バイオインフォマティックス、食品生命科学英語Ⅱ、食品生命科学実験Ⅱ 食品衛生学分野(食品衛生学実験)


主要研究テーマ

1. アクリルアミド等食品中に存在する各種化学物質の安全性評価
2. 食品油脂中のトランス脂肪酸及びグリシドール脂肪酸エステルの定量と生体内挙動の解明
3. 非ステロイド系抗炎症薬誘導胃粘膜傷害に対する植物食品の抑制効果
4. 日常食品及び食品含有成分の亜硝酸処理による変異原性の誘導
5. メイラード反応モデル系及び糖尿病状態時に生成する変異・発がん物質の同定
6. 食品素材の微粉砕処理による活性成分の生体内吸収への影響
7. 抗肥満及び抗糖尿病作用等の生物活性を示す食品素材の探索と商品化


所属学会

日本食品衛生学会
日本環境変異原学会
日本薬学会
日本栄養食糧学会
日本農芸化学会
環境ホルモン学会


主な経歴

1995年 新日本気象海洋(株)大阪支店 環境化学部研究員
1997年7月 国立公衆衛生院水道工学部研究員
1999年6月 国土環境(株)(旧新日本気象海洋株) 環境創造研究所 主査研究員
2001年5月 静岡県立大学食品栄養科学部助手
2006年7月 博士号(食品栄養科学)を授与
2009年4月 同大学同学部准教授
2017年10月 同大学同学部教授(現在に至る)


主な社会活動

日本食品衛生学会(学会活性化委員会委員)
日本環境変異原学会(評議員)


主要研究業績

(1) Adsorptive property of food materials and chemicals to cesium and strontium, Nat. Prod. Commun., (2017) (in press).
(2) Inhibitory effects of Japanese horseradish (Wasabia japonica) on the formation and genotoxicity of a potent carcinogen, acrylamide, J. Sci. Food Agric., doi: 10.1002/jsfa.8055. [Epub ahead of print] (2016).
(3) Exploration of food materials and components showing the suppressing effect on absorption of strontium and the promoting effect on excretion of cesium in vivo. Integr. Cancer Sci. Therap., 3(6): 1-4 (2016).
(4) Plant-derived polyphenols interact with staphylococcal enterotoxin A and inhibit toxin activity, PLOS ONE, 11(6): e0157082 (2016).
(5) Formation of glycidol fatty acid esters in meat samples cooked by various methods. J. Food Process. Technol. 7(2): 1-6 (2016).
(6) The application of alkaline and acidic electrolyzed water in the sterilization of chicken breasts and beef liver. Food Sci. Nutr., 4(3): 431-440 (2015).
(7) Salacia chinensis L. extract ameliorates abnormal glucose metabolism and improves the bone strength and accumulation of AGEs in type 1 diabetic rats. Food Funct., 7: 2508-2515 (2016).
(8) The application of alkaline and acidic electrolyzed water in the sterilization of chicken breasts and beef liver. Food Sci. Nutr., 4(3): 431-440 (2015).
(9) Screening of tea extract and theaflavins for inhibitory effects on the biological activity and production of staphylococcal enterotoxin A. J. Food Sci., 79(11): M2294-2300 (2014).
(10) Identification of the phenolic compounds contributing to antibacterial activity in ethanol extracts of Brazilian red propolis. Nat. Prod. Res., 28(16): 1293-1296 (2014).
(11) Utilization study stems and leaves of tienchi ginseng Evaluation of anti-hypertensive effects,toxicity,and safety of stems and leaves of tienchi ginseng. JJFCS., 21(3): 179-186 (2014).
(12) Pu-erh Tea Suppresses Diet-Induced Body Fat Accumulation in C57BL/6J Mice by Down-Regulating SREBP-1c and Related Molecules. Biosci. Biotechnol. Biochem., 77(7): 1145-1160 (2013).
(13) In vivo examination of the genotoxicity of the urban air and surface soil pollutant, 3,6-dinitrobenzo[e]pyrene, with intraperitoneal and intratracheal administration. Environ. Toxicol., 28(10): 588-594 (2013).
(14) Genotoxicity of multi-walled carbon nanotubes in both in vitro and in vivo assay systems. Nanotoxicology, 7(4): 452-461 (2013).
(15) Change in Mutagenic Activity of Genistein after a Nitirite Treatment. Biosci Biotechnol Biochem., 76(5): 938-941 (2012).
(16) A new prenylflavonoid isolated from propolis collected in the Solomon Islands. Biosci Biotechnol Biochem.,76(5): 1038-1040 (2012).
(17) Solophenols B-D and solomonin: new prenylated polyphenols isolated from propolis collected from the Solomon Islands and their antibacterial activity. J Agric Food Chem., 60(47):11765-70 (2012).


教育・研究に対する考え方

研究知識・技術の習得はもちろん、一般的な常識(挨拶など)、責任感、協調性など、実社会に出る上で、必要なことを学生に教えていきたいと考えている。
また、「学ぶ時は学び、遊ぶ時は遊ぶ」ということを常に念頭におき、運動などに学生と共に参加したいと思っている。


研究シーズ集に関するキーワード

化学物質、食中毒菌、変異原性、安全性、殺菌、抗菌、食品素材、生活習慣病、肥満


モバイル表示

PC表示