グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
三好 規之(MIYOSHI Noriyuki)
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(生化学研究室) 准教授
食品栄養環境科学研究院 准教授(兼務)
Eメールアドレス
miyoshin(ここに@をいれてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/biochem/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/64amiyoshi.pdf

学歴

1999年3月 鳥取大学医学部生命科学科卒業
2001年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科博士前期課程修了
2004年3月 名古屋大学大学院生命農学研究科 博士課程修了


学位

博士(農学)(名古屋大学・2004年)


専門分野

食品機能学、細胞生物学、分子生物学、質量分析


担当科目

【学部】生化学、生物化学、生化学実験、食品・栄養・環境科学概論、他
【大学院】生化学特論、栄養科学特論、食品栄養科学特別演習I、他


主要研究テーマ

・食品成分による生活習慣病の予防と促進の分子機構
・生活習慣病を制御する内因性分子の探索と機能解析


所属学会

日本農芸化学会
日本栄養・食糧学会
日本生化学会
日本癌学会
日本酸化ストレス学会
日本がん予防学会


主な経歴

2004年5月 米国NIH Visiting Fellow
2005年10月 東京大学医科学研究所 リサーチフェロー
2006年6月 静岡県立大学COEポスドク


主な社会活動

 


主要研究業績

(最近3年)
1. Miyoshi N. Chemical alterations and regulations of biomolecules in lifestyle-related diseases. (Review) Biosci. Biotechnol. Biochem., (2016) in press
2. Onuma W, Tomono S, Miyamoto S, Fujii G, Hamoya T, Fujimoto K, Miyoshi N, Fukai F, Wakabayashi K, Mutoh M. Irsogladine maleate, a gastric mucosal protectant, suppresses intestinal polyp development in Apc-mutant mice. Oncotarget (2016) in press
3. Nakamura T, Miyoshi N, Ishii T, Nishikawa M, Ikushiro S, Watanabe T. Activation of transient receptor potential ankyrin 1 by quercetin and its analogs. Biosci. Biotechnol. Biochem., (2016) in press
4. Senoo N, Miyoshi N, Goto-Inoue N, Minami K, Yoshimura R, Morita A, Sawada N, Matsuda J, Ogawa Y, Setou M, Kamei Y, Miura S. PGC-1α-mediated changes in phospholipid profiles of exercise-trained skeletal muscle. J. Lipid Res., (2015) 56, 2286-96.
5. Miyoshi N, Pervin M, Suzuki T, Unno K, Isemura M, Nakamura Y. Green tea catechins for well-being and therapy: prospects and opportunities. (Review) Botanics: Targets and therapy, (2015) 5, 85-96.
6. Tomono S, Miyoshi N, Ohshima H. Comprehensive analysis of the lipophilic reactive carbonyls present in biological specimens by LC/ESI-MS/MS. J. Chromatogr. B, (2015) 988, 149-56.
7. Yamazaki S, Miyoshi N, Kawabata K, Yasuda M, Shimoi K. Quercetin-3-O-glucuronide inhibits noradrenaline-promoted invasion of MDA-MB-231 human breast cancer cells by blocking β₂-adrenergic signaling. Arch. Biochem. Biophys., (2014) 557, 18-27.
8. Tanaka K, Ohgo Y, Katayanagi Y, Yasui K, Hiramoto S, Ikemoto H, Nakata Y, Miyoshi N, Isemura M, Ohashi N, Imai S. Anti-inflammatory effects of green soybean extract irradiated with visible light. Sci Rep., (2014) 4, 4732. doi: 10.1038/srep04732.
9. Miyoshi N, Iuliano L, Tomono S, Ohshima H. Implications of cholesterol autoxidation products in the pathogenesis of inflammatory diseases. (Review) Biochem. Biophys. Res. Commun., (2014) 446, 702-8.


教育・研究に対する考え方

社会に役立つ教育・研究を行いたい


研究シーズ集に関するキーワード

食生活、生活習慣病、炎症マーカー、食品栄養成分分析、生理活性分子探索、機能性食品


モバイル表示

PC表示