グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
吉村 紀子(YOSHIMURA Noriko)
所属・職名
言語コミュニケーション研究センター 特任教授
言語コミュニケーション研究センター長
電話番号
054-264-5371
部屋番号
国際関係学部棟3511号室
Eメールアドレス
yoshimun(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1971年3月 明治学院大学文学部英文学学科卒業
1977年5月 ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)教育学研究科修士課程修了(Noriko YAMASHITA)
1984年5月 南カリフォルニア大学(米国)言語学研究科修士課程修了
1992年8月 南カリフォルニア大学(米国)言語学研究科博士課程修了


学位

Ph.D.(言語学)(南カリフォルニア大学・1992年)
M.A. (言語学)(南カリフォルニア大学・1984年)
Ed.M.(教育学)(ブリティッシュコロンビア大学・1977年)


専門分野

統語論・形態意味論・第二言語習得・教育言語学


担当科目

【全学共通科目】英語で学ぶ日本語学Ⅰ,Ⅱ、言語の学習・習得Ⅰ、TOEIC基礎英語Ⅰ,Ⅱ


主要研究テーマ

・助詞「は」「が」「の」の構造と意味
・第二言語習得とインターフェイス論(アスペクトと代名詞)
・応答文と分裂文―機能と構造


所属学会

日本英語学会(English Linguistics編集委員)
日本言語学会
日本中部言語学会(事務局長、編集委員)
日本第二言語習得学会(顧問)
日本言語科学会
アメリカ言語学会


主な経歴

1979年4月 昭和女子大学文学部専任講師(~1986年3月)
1983年9月 南カリフォルニア大学東アジア言語文化学科レクチャラー
1992年10月 静岡県立大学国際関係学部助教授 静岡県立大学国際関係学研究科助教授(兼担)
1998年2月 南カリフォルニア大学大学院客員研究員
1999年4月 静岡県立大学国際関係学部教授 静岡県立大学国際関係学研究科教授(兼担)
2008年10月 言語コミュニケーション研究センター長(兼務)
2012年4月 国立国語研究所・共同研究「日本列島と周辺諸言語の類型論的・比較歴史的研究」共同研究員
2016年8月 日本言語学会夏期講座講師(大阪大学)


主な社会活動

静岡県中学校英語話し方研究大会中部地区大会審査委員


主要研究業績

○著書
[1] Scrambling. (近刊) Shibatani, M., S. Miyagawa, & H. Noda (編) Handbook of Japanese Syntax. Mouton De Gruyter.(単著)
[2] The Modularity of Grammar in L2 Acquisition (Chapter 10). (2015) M. Nakayama (編著) Handbook of Japanese Psycholinguistics. Berlin: De Gruyter Mouton. 235-270.(中山峰治氏との共著)
[3] Locality and Disjointness in Adult Second Language Acquisition (2015) (共著), C. Hamman & E. Ruigendijk (編) Language Acquisition and Development: Proceedings of GALA 2013, Newcastle: Cambridge Scholars Publishing, 460-475.
[4] The Development of Long-Distance Zibun: Role of L1 and L2 in L3 Acquisition(2013) (共著). The Proceedings of the Fourteenth Tokyo Conference on Psycholinguistics(Y. Otsu(編)Tokyo: Hituzi Syobo)221-236.
[5] Locality in L2 Japanese and English((2013) 共著)Advances in Language Acquisition, (M. Lalioti & S. Starvakaki(編)Newcastle: Cambridge Scholars Publishing), 375-383.
[6] L2 Knowledge at the Syntax-Pragmatics Interface: Interpretations of Reflexives by Japanese, Korean, and Chinese ESL Learners (2012) (共著), The Proceedings of the Fourteenth Tokyo Conference on Psycholinguistics(Y. Otsu (編), Tokyo: Hituzi Syobo), 303–323.
[7]「「が・の」交替現象の背景―空範疇構造と名詞性―」(2010) (共著)『言語学と日本語教育VI』(南雅彦(編), 東京:くろしお出版), 9-27.
[8] 『海外短期英語研修と第2言語習得』(共著:中山峰治, ひつじ書房), 138頁.

○学術論文(2015)
[1] Referring to Cinderella in L2 Japanese: A preliminary study. (印刷中)Buckey East Asian Linguistics 2: In Honor of James Marchall Unger.(共著)
[2] Control and Raising Constructions in Early English L2 Acquisition.(査読中)Second Language.(共著)
[3] Control constructions by Japanese speaking learners of English. (2016)『九州大学論集KUPL』 36号 (坂本勉先生追悼号), 239-253.(共著)
[4] Acquiring Answering Strategies in English. (2016). Journal of International Relations and Comparative Culture 14(2), 79-91.(共著)
[5] Prosodic transfer from Japanese to English: Pitch in focus marking. (2016). Phonological Studies 19, 97-104.(共著)
[6] Interlanguage prosody in English dialogs and narratives: An L1 transfer issue. (2016).『中部地区英語教育学会紀要』45, 9-14.(共著)
[7] L2 acquisition of teiru: Speech time and feature assembly. (2016). Ars Linguistica 22, 89-104.(共著)
[8] Japanese learners’ acquisition of English L2 prosody: L1 transfer and effects of classroom instruction. (2016). Ars Linguistica 22, 105-118.(共著)
[9] The development of CALL materials for learning L2 English prosody. Pixel (Ed.) Conference Proceedings of ICT for Language Learning, 8th edition libreriauniversitaria.it edizioni, 249-254.(共著)
[10] Japanese learners' interpretation of PRO in English control structures. (2015). IEICE Technical Report (115)/ (176), 71-76.(共著)
[11] Focus and prosody in second language acquisition. (2015).『静岡県立大学国際関係学部 国際関係・比較文化研究』(13)/(2), 21-36.(共著)
[12] Subject nouns in L2 Japanese storytelling: A preliminary study. (2015). Ars Linguistica 21, 89-102.(共著)
[13] Locality and Disjointness in Adult Second Language Acquisition. (2015). C. Hamman & E. Ruigendijk (Eds.) Language Acquisition and Development: Proceedings of GALA 2013, Newcastle: Cambridge Scholars Publishing, 460-475.(共著)
[14] Cross-Dialectal Patterns of Focus Marking in Japanese Copular Constructions. (2015). A. Joseph & E. Predolac (Eds.) MIT Working Papers in Linguistics 76, Proceedings of the 9th Workshop on Altaic Formal Linguistics (WAFL 9), 183-196.(共著)
[15] Distributional Patterns of GA and NO in Four Japonic Varieties. (2015). M. Giriko, N. Nagaya, A. Takemura, & T. J. Vance (Eds.) Japanese/Korean Linguistics 22, Stanford: CSLI Publications, 165-180.(共著)
[16] Japanese EFL Learners’ Knowledge of Coreference in Tensed and Infinitive Constructions. (2015). Studies in English Language and Literature 35 (Taiwan), 57-68.(共著)

○学会発表(レフリー付き)(2015)
[1]Identifying subjects in English infinitives by Japanese high school students. (2015). Linguistic Society of Hong Kong Annual Research Forum, 香港大学, 12月5日.(共著)
[2] Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, and Noriko Yamane . The development of CALL materials for learning L2 English prosody. (2015). Iternational Conference ICT for Language Learning 2015. フィレンツェ(イタリア), 11月12日~13日.(共著)
[3] Effects of explicit instruction of focus marking in L2 English. (2015). 全国英語教育学会第41回熊本大会, 熊本学園大学, 8月22日~23日.(共著)
[4] Needs of explicit instructions of English prosody for Japanese EFL learners. (2015). 日本音韻学会 Phonology Forum 2015, 大阪大学, 8月19日~8月21日.(共著)
[5] Japanese learners’ interpretation of PRO in English control structures. (2015). An International Workshop on Mental Architecture for Processing and Learning of Language (MAPLL/TP 2015), 津田塾大学, 8月5日~8月6日.(共著)
[6] Interlanguage prosody in English dialogs and narratives: An L1 transfer issue. (2015). 第45回中部地区英語教育学会 和歌山大会, 和歌山大学, 6月27日~28日.(共著)
[7] Subject references in Japanese and English Little Match Girl: A case study. (2015). 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL-10), 東京外語大学, 6月13日~6月14日.(共著)
[8] Sensitivity to the continuity in speech time: Acquisition of TE IRU by JSL learners. (2015). 8th International Conference on Practical Linguistics of Japanese (8th ICPJL), 国立国語研究所, 3月22日~23日.(共著)


教育・研究に対する考え方

研究:生成文法と方言研究の相互交流を通して、言語の内在性について考えたい。
教育:言語について科学的に考え、そして実践的に使用できるよう学習を促進したい。


モバイル表示

PC表示