グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:内藤 博敬

氏名
内藤 博敬(NAITOU Hirotaka)
出生年月
1968年3月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(環境微生物学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
短期大学部看護学科 非常勤講師(兼務)
電話番号
054-264-5793
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12408号室
Eメールアドレス
naitouh(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://naitouh.wix.com/naitouspage
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/80naito.pdf

学歴

1991年3月 日本大学理工学部薬学科卒業
1993年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科修士課程環境物質科学専攻修了


学位

博士(学術)(岡山大学・2008年)


専門分野

微生物学(細菌学、ウイルス学)、環境衛生学、生物工学


担当科目

情報科学、バイオインフォマティクス、物理学実験、環境生命科学実習、
環境分析・評価特論Ⅱ
微生物学、看護と安全(看護学部)


主要研究テーマ

・オゾンおよびオオゾン水、機能水の利用に関する研究
・アジア地域を対象としたモータリゼーションが及ぼす生体影響に関する研究
・自然災害時の環境衛生および感染症対策
・農水畜産の用水および排水処理に関する研究


所属学会

日本ウイルス学会
日本エイズ学会
日本細菌学会
日本薬学会
日本環境変異原学会
東海公衆衛生学会
日本分子生物学会
極限環境微生物学会
日本環境感染学会
日本機能水学会
日本医療・環境オゾン学会


主な経歴

1993年4月 静岡県立大学 助手
2007年4月 静岡県立大学 助教


主な社会活動

(社)ヘルスケアプランナー検定協会 理事
「微生物・感染症講座」, 月刊ドクターズプラザ2009年9月号より連載中, (NPO法人日本医学交流協会医療団)


主要研究業績

Verification of the efficacy of ozonated water in preventing food poisoning from cucumbers.
Bull. Med. & Hyg. Ozone Res., Japan Vol.22 No.4, 97-104, 2015
Effects on livestock caused by heavy metal pollution on the motorization in Mongolia., The 8 th Asian Automotive Environmental Forum, 2015
Seawater treatment for infection risk reduction of aquaculture in Southeast Asia. 日本リスク研究学会第28回年次大会講演論文集, Vol.28, 2015
Consider the food poisoning risk in the stalls as a model case of outbreak of food poisoning that occurred in the Abe River fireworks display. 日本リスク研究学会第28回年次大会講演論文集, Vol.28, 2015
RXR Partial Agonist Produced by Side-Chain Repositioning of Alkoxy RXR Full Agonist Retains Anti-type 2 Diabetes Activity without the Adverse Effects. J. Med. Chem., Jan 22; 58(2): 912-926. 2015
ベトナムでのクルマエビ科養殖に用いる海水のオゾン処理効果, Bull. Med. & Hyg. Ozone Res., Japan Vol.21 No.3, 83-87, 2014
Verification of Drainage Sterilization System that Uses Low-Voltage Pulsed Electric Field in a Prawn Farm. J. Agr. Sci. Tec. A, Vol.4, 189-196, 2014
Mechanism of RXR partial agonistic action of CBt-PMN and structural development to increase potency., J. Med. Chem., 2013 Feb 20. , Epub ahead of print
Concurrent sorption of As(V) and Mn(II) during biogenic manganese oxide formation.
Chemical Geology, Vol. 306–307, 123–128, 2012
新規ストレスバイオマーカー及びその用途, 特許4734619号, 2011年5月13日  
Verification of the antibacterial effect after 1 year of photocatalytic coating applied on the baggage carts in Kansai International Airport. International Union of Microbiological Societies 2011 Congress., 2011.
Proteomic Analysis of Growth Phase-Dependent Expression of Legionella pneumophila Proteins Which Involves Regulation of Bacterial Virulence Traits. PLoS ONE., Vol. 5, Issue 7, e11718, July 2010.
Fluorescent retinoid X receptor ligands for fluorescence polarization Assay. Bioorg. Med. Chem. Let., 20, 5143-5146, 2010.
Cancer Antineovascular Therapy with Liposome Drug Delivery Systems Targeted to BiP/GRP78.Int. J. Cancer, 127(11), 2685-2698, 2010.
Potential serum protein biomarkers for stress-induced gastric ulcers in fasted rats identified by proteomic analysis. Biosci. Biotechnol. Biochem., 74(4), 812-818, 2010.
“Anti-viral Mechanism by Photo-catalyst”, Kansai International Airport: countering A/H1N1 influenza., Aviation Security International, 15 (6), 22-25, 2009
Functional analyses of neutrophil-like differentiated cell lines under a hyperglycemic condition., Mol. Nutrit. Food Res., 52, 360-369, 2008
Proteomic analysis of hypoxia-induced tube breakdown of an in vitro capillary model composed of HUVECs: Potential role of p38-regulated reduction of HSP27. , Proteomics, 2008, 8, 2897-2905, 2008
カタラーゼを産生する菌及びその利用方法 特願 2008-222803, 2008


教育・研究に対する考え方

教育:講義は、自主的な学習を啓発するため、学習内容に興味を持つことを第一に考えた組立てとしています。また、学問的な指導は当然のことながら、当大学院一期生として多くの面から後輩のサポートをしていきたいと考えています。
研究:我々の生活と深く関係している微生物を対象として、学問分野や学際的垣根を超越して、あらゆる角度から研究を重ね、より豊かで安全な生活が営めるよう精進しています。また、限られた人々で学問を共有するのではなく、多くの人々・あらゆる生命体に対して、研究成果を還元していきたいと考えています。


研究シーズ集に関するキーワード

感染症、水産養殖、リスク教育、オゾン水、機能水、水処理、消毒、抗菌


モバイル表示

PC表示