グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
梅本 哲也(Umemoto Tetsuya)
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 教授
国際関係学研究科 教授(兼務)
Eメールアドレス
umemoto(ここに@を入れて下さい)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1977年 東京大学教養学部教養学科卒業
1985年 プリンストン大学大学院博士課程修了


学位

Ph. D. (=博士、政治学、1985年)


専門分野

国際政治


担当科目

国際政治学、安全保障論等


主要研究テーマ

・国際政治
・米国政治


所属学会

日本国際政治学会
国際安全保障学会
日本軍縮学会


主な経歴

1987年 東京大学教養学部助手
1989年 静岡県立大学国際関係学部助教授
1995年 同教授


主な社会活動

 


主要研究業績

『現代日本外交の分析』(共編著、東京大学出版会、1995年)
『核兵器と国際政治 1945-1995』(日本国際問題研究所、1996年)
『大量破壊兵器不拡散の国際政治学』(共編著、有信堂高文社、2000年)
『ブッシュ政権の国防政策』(共編著、日本国際問題研究所、2002年)
『アメリカの世界戦略と国際秩序』(ミネルヴァ書房、2010年)
「米国の核政策と『核兵器なき世界』」『国際問題』第595号(2010年10月)
「中国の擡頭と『力の移行』論」『国際関係・比較文化研究』第11巻第1号(2012年9月)
「米中関係と大量破壊兵器不拡散」(静岡県立大学大学院国際関係学研究科ワーキングペーパー #12-1、2013年2月)
「オバマ政権の世界観と米国の外交・安全保障政策」『国際問題』第619号(2013年3月)
「オバマ政権の外交・安全保障政策――『ドクトリン』、世界観、権力政治」『国際安全保障』第41巻第3号(2013年12月)
「米中間における『戦略的安定』」『国際関係・比較文化研究』第13巻第1号(2014年9月)
「中国のA2ADと米国の戦力投射」『東亜』第587号(2016年5月)


教育・研究に対する考え方

 


モバイル表示

PC表示