グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:牧野 正和

氏名
牧野 正和(MAKINO Masakazu)
出生年月
1966年12月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(物性化学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
電話番号
054-264-5785
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12603号室
Eメールアドレス
makinom(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/phychem/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/77makino.pdf

学歴

1989年3月 名古屋工業大学工学部応用化学科卒業
1991年3月 名古屋大学大学院理学研究科化学専攻修了


学位

博士(学術)(名古屋大学・1997年)


専門分野

物性化学、物理化学


担当科目

環境共生学特論(分担)、環境科学コロキウム(分担)、自然と環境(分担)、環境化学総論、物性化学特論、環境科学特別実験、環境科学特別演習Ⅰ、Ⅱ、およびⅢ、化学Ⅰ、物理化学、基礎統計学、物理学実験


主要研究テーマ

・農薬や防疫用薬剤の分解・変換・代謝生成物に由来する受容体作用能評価に関する研究
・ドッキングや量子化学計算に基づく受容体と低分子化合物との作用能予測に関する研究
・分子認識過程で観られる熱力学的補償関係と化合物の同族性に関する研究


所属学会

日本環境化学会
日本化学会
日本化学会情報化学部会
IUPAC


主な経歴

1991年4月 生活健康科学研究科助手着任、2003年4月 同助教授昇任、2007年4月 同准教授着任(法人化に伴う職位変更)、2017年4月 同教授昇任 現在に至る。


主な社会活動

日本化学会 東海支部代議員


主要研究業績

・In Vitro Transformation of Chlorinated Parabens by the Liver S9 Fraction: Kinetics, Metabolite Identification, and Aryl Hydrocarbon Receptor Agonist Activity. Terasaki M., Wada T., Nagashima S., Makino M., and Yasukawa H., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 64(6), pp.650-654, 2016.
・Aromatic Character of Irregular-Shaped Nanographenes. Nishina N., Makino M., and Aihara J., Journal of Physical Chemistry A, 120(15), pp.2431-2442, 2016.
・Peroxy radicals as motional probes at the end of isolated polystyrene chains and on the cellulose surfaces in vacuum. Motokawa T., Makino M., and Sakaguchi M., Cellulose, 23, pp.1123-1135, 2016.
・Aryl hydrocarbon receptor potency of chlorinated parabens in the aquatic environment. Terasaki M., Yasuda M., Makino M., and Shimoi K., Environ. Sci.: Water Res. Technol., 1, pp.375-382, 2015.
・Novel method of the surface modification of the microcrystalline cellulose powder with poly(isobutyl vinyl ether) using mechanochemical polymerization. Motokawa T., Makino M., Enomoto-Rogers Y., Kawaguchi T., Ohura T., Iwata T., and Sakaguchi M., Advanced Powder Technolog, 26(1), pp.1383-1390, 2015.
・Chronic toxicity of parabens and their chlorinated by-products in Ceriodaphnia dubia. Terasaki M., Abe R, Makino M., and Tatarazako N., Environmental Toxicology, 30(6), pp.664-673, 2015.
・Sakaguchi M., Makino M., Ohura T., Iwata T.: The correlation between the ionic degree of covalent bond comprising polymer main chain and the ionic yield due to mechanical fracture. Polyer, 55, 1917-1919, 2014.
・Terasaki M., Yasuda M., Shimoi K., Jozuka K., Makino M., Shiraishi F., Nakajima D.: Evaluation of sensitizers found in wastewater from paper recycling areas, and their activation of the aryl hydrocarbon receptor in vitro. Science of the Total Environment, 493, 156-161, 2014.
・Sakaguchi M., Makino M., Ohura T., Iwata T.: Contact electrification of polymers due to electron transfer among mechano anions, mechano cations and mechano radicals. Journal of Electrostatics, 72, 412-416, 2014.
・Aihara J., Makino M.: Constrained Clar formulas of coronoid hydrocarbons. Journal of Physical Chemistry A, 118, 1258-1266, 2014.
・Aihara J, Makino M, Ishida T, and Dias J R : Analytical Study of Superaromaticity in Cycloarenes and Related Coronoid Hydrocarbons.
Journal of Physical Chemistry A, 117 (22), 4688–4697, 2013.
・Aihara J, Makino M, and Sakamoto K: Superaromatic Stabilization Energy as a Novel Local Aromaticity2 Index for Polycyclic Aromatic Hydrocarbons.
Journal of Physical Chemistry A, 117 (40), 10477–10488, 2013.
・Yamada K, Terasaki M, Makino M: Evaluation of Physicochemical Properties of Synthesized (+)-Catechin Dimethylthiophosphate,
Proceedings of the 5th International Conference on O-CHA (tea) Culture and Science, 2013.


教育・研究に対する考え方

機器分析・バイオアッセイの基本から応用に至るまでの知識・技術の習得を助け、地域の環境問題に対して積極的に取り組める人材育成を目指し、ほう(報告)・れん(連絡)・そう(相談)、と 挨拶 を基本とした教育を心がけている。


研究シーズ集に関するキーワード

有機リン、農薬、防疫用殺虫剤、受容体、加水分解酵素、構造活性相関、計算化学


モバイル表示

PC表示