グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:関川 貴寛

氏名
関川 貴寛(SEKIKAWA Takahiro)
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(環境工学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5649
Eメールアドレス
sekikawa(ここに@を入れて下さい)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://env-eng.u-shizuoka-ken.ac.jp/env-eng/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/88sekikawa.pdf

学歴

1996年3月 岩手大学工学部応用分子化学科卒業
2001年3月 静岡県立大学生活健康科学研究科環境物質科学専攻博士課程修了


学位

博士(環境科学)(静岡県立大学・2001年)


専門分野

環境分析化学、資源環境工学、水処理工学


担当科目

環境保全学特論


主要研究テーマ

・浄水・下水処理におけるリスク管理手法の開発
・磁性粒子を利用した新たな微生物濃縮技術の開発
・微生物を用いた環境浄化およびエネルギー生産


所属学会

日本水環境学会
日本水処理生物学会
土木学会
The International Water Association(IWA)


主な経歴

2001年4月 三菱電機株式会社電力・産業システム事業所
2004年10月 荏原実業株式会社中央研究所
2008年2月 静岡県立大学環境科学研究所助教
2014年4月~現在 静岡県立大学食品栄養科学部助教
2015年4月~現在 静岡理工科大学理工学部非常勤講師


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
・A new immunomagnetic bead separation-surfactant extraction treatment protocol for rapid and sensitive quantitative PCR-detection of Cryptosporidium parvum DNA, Wat. Sci. Tech.: Water Suppl., 17(1). 161-168 (2017)
・A new method for efficient detection of Cryptosporidium RNA by real-time reverse transcription-PCR with surfactants, Wat Sci Tech: Wat Suppl, 15(5), 1061-1068 (2015)
・Effects of introducing energy recovery processes to the municipal solid waste management system in Ulaanbaatar, Mongolia, J. Environ. Sci., 28, 178-186 (2015)
・Detection of dissimilatory iron-reducing Deltaproteobacteria in anaerobic sludge with high mineral content, Jpn. J. Wat. Treat. Biol., 49(1), 37-46 (2013)
・A simple method for extracting DNA from Cryptosporidium oocysts using the anionic surfactant LSS, New Biotechnology, 29(1), 139-143 (2011)


教育・研究に対する考え方

社会に役に立つ人材と技術を育てたい。


研究シーズ集に関するキーワード

ジオバクター、異化的鉄還元細菌、磁性粒子、バイオレメディエーション、微生物燃料電池


モバイル表示

PC表示