グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
森山 優(MORIYAMA Atsushi)
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 教授
国際関係学研究科 教授(兼務)
Eメールアドレス
moriyama@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_03_151.pdf

学歴

1984年3月 西南学院大学文学部国際文化学科卒業
1987年3月 九州大学大学院文学研究科修士課程修了
1996年3月 九州大学大学院文学研究科博士課程修了

学位

博士(文学)(九州大学・1996年)

専門分野

日本近現代史(政治・外交史)

担当科目

国際関係史、日本外交論、国際政治経済特殊研究、演習、卒業研究、日本政治外交研究(大学院)

主要研究テーマ

  • 日本政治外交史
  • 海軍史
  • 日米インテリジェンス研究
  • 地域史

所属学会

日本国際政治学会
史学会
軍事史学会
九州史学研究会
日本歴史学協会

主な経歴

日本学術振興会特別研究員
西南学院大学・福岡大学・九州産業大学講師(非常勤)
1997年8月 静岡県立大学国際関係学部講師
2009年10月 静岡県立大学国際関係学部准教授
2017年4月より現職

主な社会活動

神奈川大学常民文化研究所非文字資料研究センター客員研究員
日本と東アジアの未来を考える委員会(主催:奈良県)委員(歴史部会)
2015年の招待講演
「日米開戦と情報戦」北部九州海上保安懇話会
「日本はなぜ開戦に踏み切ったか」静岡県職員退職者の会
「あの頃と今の時代と…歴史から何が学べるか」菊川市憲法9条の会
「戦前期日本の政策決定システムについて 「両論併記」と「非決定」」日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター・カリフォルニア大学バークレー校共催シンポジウム「Thoughts from a birthplace of atomic bombs after 70 years−原爆が生まれた地から戦後70年を考える−」

主要研究業績

○単著
  • 『日米開戦と情報戦』講談社、東京都、2016年
  • 『日本はなぜ開戦に踏み切ったか 「両論併記」と「非決定」』新潮社、東京都、2012年
  • 『日米開戦の政治過程』吉川弘文館、東京都、1998年

○共著
  • 「第13講 南部仏印進駐と関東軍特種演習」筒井清忠編『昭和史講義2 専門研究者が見る戦争への道』(ちくま書房、東京都、2016年)219〜234頁
  • 「第13講 日米交渉から開戦へ」筒井清忠編『昭和史講義 −最新研究で見る戦争への道−』(ちくま書房、東京都、2015年7月)229-246頁
  • 『太宰府市史 通史編Ⅲ』「第二編 現代の太宰府」「第一章 戦後の地域社会」551~661頁、太宰府市史編集委員会、太宰府市、2004年

○論文
  • 「開戦外交と東郷外相 ―乙案をめぐる攻防」『東アジア近代史』12、46~66頁、2009年
  • 「戦時期日本の暗号解読とアメリカの対応 ―暗号運用の観点から」『インテリジェンス』9、35~43頁、2007年
  • 「「南進」論と「北進」論」『岩波講座 アジア太平洋戦争』第七巻、189~218頁、2006年、30頁
  • 「各国の戦争展示 政治と「ミュージアム」の関連から」『国立歴史民俗博物館研究報告』第132集、191~210頁、2006年3月
  • 「近衛新体制の形成と日米開戦」『国際問題』No.546 焦点:転換期の日本外交、35~53頁、2005年
  • 「敗戦直後の藤枝町における食糧配給とその実態」『藤枝市史研究』第6号、1~19頁、2005年
  • 「戦前期における日本の暗号解読能力に関する基礎研究」『国際関係・比較文化研究』3-1、15~37頁、2004年

○史料復刻(校訂、解説)
  • 前山亮吉・森山優編、河井重蔵・弥八研究会校訂『河井弥八日記 一九四〇年』(2016年3月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科ワーキングペーパー#16-01)
  • 河井重蔵・弥八研究会校訂「田中正造の新発見資料(書簡と風刺画)−掛川市所蔵河井家文書調査より−」『静岡県近代史研究』39、静岡県近代史研究会、2014年10月
  • 前山亮吉・森山優編、河井重蔵・弥八研究会校訂『河井弥八日記 河井弥八手帳 一九五二年』(2014年 静岡県立大学大学院国際関係学研究科ワーキングペーパー#14-01)
  • 前山亮吉編、河井重蔵・弥八研究会校訂「河井弥八日記−一九五二年、破壊活動防止法審議期間を中心に−」『国際関係・比較文化研究』12-1、2013年

教育・研究に対する考え方

教育:国際的な視野をもつ教養人の育成のため、その基礎たる日本の歴史に対する理解を深めることを目標とする。
研究:日本の近代史をめぐる様々な課題を、従来の学問的枠組みを超えた多角的な視点から分析したい。
そのための基盤となる地道な作業の積み重ねも必要不可欠である。グローバルな視点と基礎研究の調和が目標である。

研究シーズ集に関するキーワード

名望家,地域史,地域おこし,災害復旧,公害,甘藷

モバイル表示

PC表示