グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:近藤 啓

氏名
近藤 啓(KONDO Hiromu)
出生年月
1967年10月
所属・職名
薬学部薬学科(創剤科学分野) 教授
薬学研究院(創剤工学教室) 教授(兼務)
電話番号
054-264-5614
部屋番号
薬学部棟6120号室
Eメールアドレス
hkondo@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/pharmeng/

学歴

1991年3月 名古屋市立大学薬学部薬学科卒業
1993年3月 名古屋市立大学薬学研究科博士前期課程修了

学位

博士(薬学)(日本大学・2003年)

専門分野

製剤学、DDS、新規剤形開発

担当科目

物理化学Ⅲ、創剤工学、製剤学、創剤工学特論、医療系薬学実習

主要研究テーマ

  • 放出制御製剤(苦味マスキング・局所投与製剤・徐放性製剤)に関する研究開発
  • 分散系及び機能性高分子を用いた微粒子製剤(脂質粒子,高分子複合体)の物理化学的特性に関する研究
  • テーラーメード製剤に関する研究開発
  • 小児用製剤に関する研究

所属学会

日本薬学会
日本薬剤学会
日本DDS学会
日本薬物動態学会

主な経歴

1993年4月 山之内製薬株式会社 創薬製剤研究所 生物薬剤研究室
2003年10月 山之内製薬株式会社 創剤研究所 DDS研究室
2005年4月 アステラス製薬株式会社 創剤研究所 PVM研究室
2013年4月 アステラス製薬株式会社 製剤研究所 剤形研究室長
2015年4月 九州大学大学院薬学研究院 薬物送達システム学分野 客員教授
2018年4月 静岡県立大学薬学部 創剤科学分野 教授

主な社会活動

日本薬剤学会DDS製剤臨床応用フォーカスグループ執行委員
日本薬剤学会 第14回製剤技術伝承実習講習会 準備委員
日本薬剤学会 特別委員会 製剤設計における種差の問題検討会 世話人

主要研究業績

○学術論文
  1. Y. Ito, A. Maeda, H. Kondo, Y. Iwao, S. Noguchi, S. Itai, Application of water-insoluble polymers to orally disintegrating tablets treated by high-pressure carbon dioxide gas. Int J Pharm. 2016; 511(1): 10-22.
  2. T. Yoshida, K. Nakanishi, T. Yoshioka, Y. Tsutsui, A. Maeda, H. Kondo, K. Sako, Oral tacrolimus formulations for enhanced lymphatic delivery and efficient inhibilion of T-cells interleukin-2 production. Euro J Pharm Biopharm. 2016; 100: 58-65.
  3. T. Ishii, N. Kobayashi, A. Maeda, H. Kondo, K. Sako, S. Yamada, Y. Kagawa, Absorption improvement of sepantronium bromide (YM155) by aminoalkyl methacrylate copolymers in in situ intestinal tracts of mice. J Drug Del Sci Tech. 2015; 27: 1-8.
  4. S. Takemura, H. Kondo, S. Watanabe, K. Sako, K. Ogawara, K. Higaki, Aminoalkylmethacrylate copolymer E improves oral bioavailability of YM466 by suppressing drug-bile interaction. J Pharm Sci. 2013; 102(9):3128-3135.
  5. S. Takemura, H. Kondo, K. Suzumura, K. Ogawara, S. Watanabe, K. Sako, K. Higaki Evaluation of factors affecting gastrointestinal absorption of a novel anticoagulant FX-93 for development of oral formulation. J Pharm Sci. 2012; 101(6): 2134-2142.
  6. T. Yasuji, H. Kondo, K. Sako. The effect of food on the oral bioavailability of drugs: a review of current developments and pharmaceutical technologies for pharmacokinetic control. Ther Deliv. 2012; 3(1):81-90.
  7. H. Kojima, K. Yoshihara, T. Sawada, H. Kondo, K. Sako. Extended release of a large amount of highly water-soluble diltiazem hydrochloride by utilizing counter polymer in polyethylene oxides (PEO)/polyethylene glycol (PEG) matrix tablets. Eur J Pharm Biopharm. 2008; 70:556-562.
  8. C. Mori and H. Kondo. Effect of gastric acidity regulation on the gastrointestinal transit time and secretion of gastric fluids in beagle dogs. J Drug Del Sci Tech. 2006; 16(6): 467-472.
  9. T. Sawada, H. Kondo, H. Nakashima, K. Sako, M. Hayashi. Time-release compression-coated core tablet containing nifedipine for chronopharmacotherapy. Int J Pharm. 2004; 280(1-2): 103-111.
  10. H. Kondo, T. Watanabe, S. Yokohama, J. Watanabe. Effect of food on gastrointestinal transit of liquids in unfed cynomolgus monkeys. Biopharm Drug Dispos. 2003; 24: 141-151.
  11. H. Kondo, Y. Takahashi, T. Watanabe, S. Yokohama, J. Watanabe. Gastrointestinal transit of liquids in unfed cynomolgus monkeys. Biopharm Drug Dispos. 2003; 24: 131-140.
  12. H. Kondo, T. Shinoda, H. Nakashima, T. Watanabe, S. Yokohama. Characteristics of the gastric pH profiles of unfed and fed cynomolgus monkeys as pharmaceutical product development subjects. Biopharm Drug Dispos. 2003; 24: 45-51.
  13. Y. Takahashi, H. Kondo, T. Yasuda, T. Watanabe, S. Kobayashi, S. Yokohama. Common solubilizers to estimate the Caco-2 transport of poorly water-soluble drugs. Int J Pharm. 2002; 246(1-2): 85-94.

○著書、総説
  1. 近藤 啓:経口コントロールドリリース製剤のバイオアベイラビリティにおける動物種差, Drug Delivery System, 2017, 32(5): 372-380.
  2. 近藤 啓:医薬品のライフサイクルマネジメントにおけるDDS研究の役割, ファルマシア, 2016, 52(11): 1054-1056.
  3. 近藤 啓:製品価値創造を考慮した過活動膀胱治療剤ベシケアⓇの製剤開発, 別冊BIO Clinica, 2016, 5(4): 121-126.
  4. 近藤 啓、迫 和博:経口コントロールドリリース製剤技術を用いた製品開発と最近の動向, Drug Delivery System, 2016, 31(3): 210-218.
  5. 近藤 啓、迫 和博:アドヒアランス100を目ざした製剤開発, PHARM TECH JAPAN, 2015, 31(14): 2651-2654.
  6. 近藤 啓、迫 和博:過活動膀胱治療剤ベシケアⓇ製剤開発におけるトレードオフとその克服, BIO Clinica, 2015, 30(6): 63-68.
  7. 近藤 啓、迫 和博:経口内服剤開発におけるトレードオフとその克服, YAKUGAKU ZASSHI, 2015, 135(2): 229-235.
  8. 近藤 啓、迫 和博:機能的価値と顧客価値を考慮したDDS製剤開発, 月刊ファインケミカル, 2015, 44(1): 47-53
  9. 近藤 啓、迫 和博:経口剤DDS製品の30年を振り返って, PHARM TECH JAPAN, 2015, 31(2): 52-57
  10. 高江 誓詞、保地 毅彦、近藤 啓、 迫 和博:小児製剤に対する製薬企業の取り組み, 薬剤学, 2015, 75(1); 32-37.
  11. 近藤 啓、迫 和博:製剤開発の世界潮流とわが国の将来展望(第5章)新製剤技術とその応用 新機能製剤の開発とグローバル展開, PHARM TECH JAPAN, 2013, 15; 3021-3025.

教育・研究に対する考え方

教育:薬学教育の最大の特徴は、薬を共通言語として、薬を創る(研究者)および薬を使う(薬剤師)という異なる役割を担う人材を育成することである。いずれの役割においても、サイエンスを基盤とした理論的思考力、問題解決能力に加え、前に踏み出す力、考え抜く力、発信する力、チームで働く力を備えた人材を育成するよう努めたい。
研究:医薬品は患者での薬物療法が可能になることで初めて意味を成す。医薬品を形作る製剤学・DDSを駆使し、創薬に貢献する研究と製品化につながる新たな価値を創造する技術開発を展開したい。

モバイル表示

PC表示