グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
藤森 敦之(FUJIMORI Atsushi)
所属・職名
言語コミュニケーション研究センター 准教授
言語コミュニケーション研究センター 副センター長
電話番号
054-264-5218
部屋番号
看護学部棟(草薙キャンパス)13304号室
Eメールアドレス
fujimori@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1998年3月 静岡県立大学国際関係学部国際言語文化学科卒業
2001年3月 静岡県立大学国際関係研究科修士課程修了
2011年11月 カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学言語学研究科博士課程修了

学位

Ph.D. (言語学) (ブリティッシュ・コロンビア大学・2011年)

専門分野

第二言語習得研究、言語学(統語論インターフェース)、実験言語学

担当科目

TOEFL留学英語I・II、英語で学ぶ日本語学IA・IIA、言語の学習・習得IB・IIB、英語コミュニケーションA・B、英語コミュニケーションI・II、英語講読

主要研究テーマ

  • 統語論インターフェースにおけるプロソディの役割
  • 前置詞と空間認知
  • 動詞形成における音と意味、カテゴリーの関係
  • EventとArgument structure
  • 出来事の終結性とテンス・アスペクト
  • 大和言葉とオノマトペ

所属学会

日本第二言語習得学会
日本中部言語学会
日本言語学会
言語科学会
中部地区英語教育学会
全国英語教育学会

主な経歴

1998年4月~1999年3月 長野県立阿南高等学校 常勤講師
2011年4月~2014年3月 静岡県立大学 言語コミュニケーション研究センター 特任助教
2014年4月~2016年3月 静岡大学 大学教育センター 講師
2016年4月~2018年3月 静岡大学 情報学部 講師
2018年4月~現在に至る 静岡県立大学 言語コミュニケーション研究センター 准教授

主な社会活動

2018年~ 文部科学省委託事業「平成28年度 中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」(静岡大学)外部構成員
2016年〜 日本中部言語学会編集委員長 
2017年 日本第二言語習得学会第17回年次大会(J-SLA2017)大会実行委員長
2016年〜2017年 文部科学省委託事業「平成28年度 中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」(静岡大学)構成員
2014年〜2015年 日本中部言語学会副編集委員長 
第66回静岡県中学校英語話し方能力研究会中部地区大会 審査委員長

主要研究業績

○学術論文
  • 藤森敦之、吉村紀子、遊佐麻友子、中山峰治「日本語学習者にみるフォーカスの韻律的特徴」『日本言語学会第155回大会予稿集』, 151-156. 2017年
  • 米山聖子、山根典子、藤森敦之、吉村紀子「英語母語話者と日本人英語学習者の音声特徴に関する一考察」『第31回日本音声学会全国大会予稿集』, 227-232. 2017年
  • Atsushi Fujimori. The lexical acquisition of orientational prepositions in L2 English. 『静岡大学教育研究』 (13), 33-43. 2017年
  • 藤森敦之「中学校英語教科書における前置詞のタイプ及び出現頻度」「中部地区英語教育学会紀要」(46), 111-116. 2017年
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Hiroya Shimizu. Control and raising constructions in early L2 English acquisition. Second Language (15), 53-76. 2016年
  • Noriko Yamane, Noriko Yoshimura, Atsushi Fujimori. Prosodic transfer from Japanese to English: Pitch in focus marking. Phonological studies (19), 97-104. 2016年
  • 天野修一、山本好比古、藤森敦之、松野和子「プロジェクト型英語授業におけるアクティブラーニング施設の活用−実践報告と今後の課題−」『静岡大学教育研究』 (12), 101-108. 2016年
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Noriko Yamane. Interlanguage prosody in English dialogs and narratives: An L1 transfer issue. 中部地区英語教育学会紀要 (45). 2016年
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Noriko Yamane. Japanese learners’ acquisition of English L2 prosody: L1 transfer and effects of classroom instruction. Ars Linguistica (22), 105-118. 2016年
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki. L2 acquisition of teiru: Speech time and feature assembly. Ars Linguistica (22), 89-104. 2016年
  • Mineharu Nakayama, Noriko Yoshimura, Atsushi Fujimori. Control constructions by Japanese speaking learners of English. 九州大学論集KUPL 36号 (坂本勉先生追悼号), 239-254. 2016年
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Hiroya Shimizu. Japanese learners' interpretation of PRO in English control structures. IEICE Technical Report (115)/(176), 71-76. 2015年
  • Atsushi Fujimori. L2 acquisition of English prepositions with transitives. 『静岡大学教育研究』 (11), 229-237. 2015年
  • Noriko Yoshimura, Atsushi Fujimori, Tomohiko Shirahata. Focus and prosody in second language acquisition. 静岡県立大学国際関係学部 「国際関係・比較文化研究」(13)/(2), 21-36. 2015年
  • 藤森敦之「前置詞学習におけるアニメーション指導の効果—鉛直軸の前置詞を例として—」Ars Linguistica (21), 9-17. 2015年
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Tomohiko Shirahata. Acquisition of prosodic focus marking by Japanese ESL learners. IEICE Technical Report (114)/(176), 49-53. 2014年
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Shuichi Takeda. Acquisition of English perfectives by Japanese adult learners. Ars Linguistica (20), 62-72. 2013年
  • 藤森 敦之、吉村紀子「アニメーションを用いた前置詞指導―方向前置詞を例として―」中部地区英語教育学会紀要 (42), 77-92. 2013年
  • 藤森 敦之、近藤 隆子「第2言語習得にみる前置詞が表す事象終結性の解釈」Ars Linguistica (19), 114-132. 2012年
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Koichi Sasasaki. L3 acquisition of zibun by Chinese learners of Japanese. Ars Linguistica (19), 133-144. 2014年
  • Atsushi Fujimori. The Correspondence Between Vowel Quality and Verbal Telicity in Yamato-Japanese. Doctoral dissertation, University of British Columbia. 2011年
  • Atsushi Fujimori. Some triggering factors for Subjacency among Japanese learners of English. Ars Linguistica (8), 72-90. 2001年

○国際会議論文集
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yamane, Noriko Yoshimura. The acquisition of prosodic focus marking in English dialogs and narratives. Proceedings of Pacific Second Language Research Forum 2016, 53-57. 2017年
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Noriko Yamane. The development of CALL materials for learning L2 English prosody. Conference Proceedings of ICT for Language Learning, 8th edition, 249-254. Pixel. 2015年11月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Koichi Sawasaki. L2 acquisition of grammatical aspect in English. Selected Proceedings of the 5th Conference on Generative Approaches to Language Acquisition North America (GALANA 2012), 140-149. Cascadilla Proceedings Project. 2014年
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori, Barış Kahraman. The development of long-distance zibun: roles of L1 and L2 in L3 acquisition. In Yukio Otsu (ed.), The Proceedings of the Fourteenth Tokyo Conference on Psycholinguistics, 221-236. Hitsuji Shobo. 2013年
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori, Hiroya Shimizu. L2 knowledge at the syntax-pragmatics interface: interpretations of reflexives by Japanese, Korean, and Chinese ESL learners. In Yukio Otsu (ed.), The Proceedings of the Thirteenth Tokyo Conference on Psycholinguistics, 303-323. Hitsuji Shobo. 2012年
  • Atsushi Fujimori. The association of sound with meaning: the case of telicity. In A. Di Sciullo (ed.), Towards a Biolinguistic Understanding of Grammar: Essays on Interfaces, 141-166. John Benjamins. 2012年
  • Atsushi Fujimori. Japanese vowels as morphemes: mono-syllabic verb cases. Proceedings of the 2005 Canadian Linguistics Association Annual Conference (online), 1-12. 2006年

○翻訳
  • 「第二言語習得キーターム事典」(Key Terms in Second Language Acquisition, 2nd edition by Bill VanPattern and Alessandro G. Benati. 2015) 監訳:白畑知彦、鈴木孝明、訳:川崎貴子、近藤隆子、須田孝司、藤森敦之 開拓社 2017年

○口頭発表
  • Noriko Yamane, Brian Teaman, Atsushi Fujimori, Ian Wilson, Noriko Yoshimura. “Haptic effect on intonation learning.” The 2nd International Symposium on Applied Phonetics. Aizu University, 2018年9月.
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yamane, Mineharu Nakayama, Noriko Yoshimura, Ian Wilson. “The perception of L2 information focus marking.” The 7th Workshop on Phonological Externalization of Morphosyntactic Structure: Universals and Variables. Hokkaido University, 2018年9月.
  • Mineharu Nakayama, Noriko Yoshimura, Atsushi Fujimori. “Seem constructions in L2 English by Japanese EFL learners.” Poster presented at 50 Years of Linguistics at UCONN. University of Connecticut, 2018年9月.
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori. “Intervention effects in L2 acquisition – A syntactic or processing account?” TL. Keio University, 2018年7月.
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori. “Syntactic asymmetry in L2 learners’ comprehension of raising constructions.” The 18th Annual Conference of the Japan Second Language Association. Gakushuin University, 2018年6月.
  • 藤森敦之、吉村紀子、遊佐麻友子、中山峰治「日本語学習者にみるフォーカスの韻律的特徴」日本言語学会第155回大会 2017年11月
  • Atsushi Fujimori, Kiyoko Yoneyama, Noriko Yamane, Noriko Yoshimura. “Prosodification of articles by Japanese EFL learners”. Poster presented at 3rd Workshop on Second Language Prosody, Bangor University, 2017年11月
  • 米山聖子、山根典子、藤森敦之、吉村紀子「英語母語話者と日本人英語学習者の音声特徴に関する一考察」第31回日本音声学会全国大会 2017年10月
  • Mineharu Nakayama, Noriko Yoshimura, Atsushi Fujimori. “Japanese EFl learner’s interpretations of reflexives and pronouns in control constructions”. The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1), The Chinese University of Hong Kong. 2017年3月
  • 吉村紀子、中山峰治、藤森敦之「日本語の応答ストラテジー –第二言語習得研究からの展望−」第27回第二言語習得研究会2017年12月
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yamane, Noriko Yoshimura. “Identifying syntax-driven intonation phrases in native and non-native Japanese”. Poster presented at 24th Japanese/Korean Linguistics Conference. 2016年10月
  • Atsushi Fujimori. “The lexical acquisition of English orientational prepositions by Japanese EFL learners”. Poster presented at Pacific Second Language Research Forum 2016. 2016年9月
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yamane, Noriko Yoshimura. “The acquisition of prosodic focus marking in English dialogs and narratives”. Pacific Second Language Research Forum 2016. 2016年9月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori. “The acquisition of control, raising, and tough constructions among Japanese learners of English”. Pacific Second Language Research Forum 2016. 2016年9月
  • Noriko Yamane, Noriko Yoshimura, Atsushi Fujimori. “Japanese EFL elarners’ production of pronouns and articles in English: Evidence for L2 prosodic structures”. Acoustic Week Canada 2016. 2016年9月
  • Noriko Yamane, Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura. “Formation of AP and IP by English JFL learners”. 8th Pronunciation in Second Language Learning and Teaching Conference (PSLLT). 2016年8月
  • 藤森敦之「中学校英語教科書における前置詞のタイプ及び出現頻度」第46回中部地区英語教育学会三重大会 2016年6月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Hiroya Shimizu. “Identifying subjects in English infinitives by Japanese high school students”. LSHK-ARF 2015, The University of Hong Kong. 2015年12月
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Noriko Yamane. “The development of CALL materials for learning L2 English prosody”. International Conference ICT for Language Learning, 8th edition, Florence. 2015年11月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Hiroya Shimizu. “Japa¬nese learners' interpretation of PRO in English control structures”. TL/MAPLL 2015, Tsuda Col¬lege. 2015年8月
  • 藤森 敦之, 山根典子, 吉村紀子 “Effects of explicit instruction of focus marking in L2 English” 全国英語教育学会 第41回 熊本研究大会, 熊本学園大学 2015年8月
  • 天野修一, 山本好比古, 藤森 敦之, 松野和子「プロジェクト型英語授業におけるアクティブラーニング施設の活用―実践報告と今後の課題―」全国英語教育学会 第41回 熊本研究大会、熊本学園大学 2015年8月
  • Noriko Yamane, Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura. “Needs of explicit instructions of English prosody for Japanese EFL learners”. Phonology Forum 2015, Osaka University. 2015年8月
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Noriko Yamane. ”Interlanguage prosody in Eng¬lish dialogs and narratives: An L1 transfer issue”. 第45回中部地区英語教育学会 和歌山大会, 和歌山大学 2015年6月
  • Atsushi Fujimori. “Factors delaying the acquisition of prepositions in L2 English”. LSHK-ARF 2014, City University of Hong Kong. 2014年12月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Tomohiko Shirahata, Atsushi Fujimori, Koji Suda. “Binding in L2 English infinitives revisited”. ALS Conference, Newcastle 2014, University of Newcastle. 2014年12月
  • Noriko Yoshimura, Tomohiko Shirahata, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Koichi Sawasaki. “Binding, Control and Minimality Revisited”. Poster presented at EUROSLA 24, University of York. 2014年9月
  • Atsushi Fujimori, Noriko Yoshimura, Tomohiko Shirahata. “Acquisition of Prosodic Focus Marking by Japanese ESL Learners”. TL/MAPLL 2014, University of Tokyo. 2014年8月
  • Noriko Yoshimura, Tomohiko Shirahata, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori. “An Experimental Study of Anaphoric and Pronominal Binding in L2 English: L1 Transfer, Pragmatic Constraint, and syntactic Knowledge”. 日本第二言語学会, 関西学院大学. 2014年6月
  • Atsushi Fujimori, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Noriko Yoshimura. “Feature Reassembly of the Aspectual Item –teiru in JSL”. Poster presented at The Formal Approaches to Japanese Linguistics 7, ICU/NINJAL. 2014年6月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama , Atsushi Fujimori, Koichi Sawasaki. “Without one to one morphosemantic relations between L1 and L2: a case study of Japanese-speaking learners’ acquisition of English present perfect”. The Expression of Temporality by L2 Learners of French and English: Acquisition of Time, Aspect, Modality, Universite Paul Valery Montpellier 3. 2014年5月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Reo Kawasaki, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori. “Morphosyntactic-semantic Mappings in Japanese- English Interlanguage”. The 23rd conference of European Second Language Association, University of Amsterdam. 2013年8月
  • 藤森 敦之・吉村 紀子「前置詞学習におけるアニメーション指導の効果—鉛直軸の前置詞を例として」第43回全国英語教育学会2013年度研究大会, 北星学園大学 2013年8月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori. “What makes it hard to acquire present perfect in L2 English?” (ポスター). 言語科学会 第15回年次国際大会、活水女子大学 2013年6月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori & Bariş Kahraman. “The development of long-distance zibun: roles of L1 and L2 in L3 acquisition”. Poster presented at Tokyo Conference on Psycholinguistics 2013, Keio University. 2013年3月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Koichi Sawasaki. “L2 acquisition of grammatical aspect in English”. Poster presented at Generative Approaches to Language Acquisition North America 5, University of Kansas. 2012年10月
  • 近藤 隆子, 藤森 敦之「日本人学習者による前置詞を伴った移動動詞の習得−動詞句が表す出来事の終点の解釈について−」第42回中部地区英語教育学会岐阜大会、岐阜じゅうろくプラザ 2012年7月
  • 藤森 敦之, 吉村 紀子「アニメーションを用いた前置詞指導−方向前置詞を例として−」第42回中部地区英語教育学会岐阜大会、岐阜じゅうろくプラザ 2012年7月
  • Atsushi Fujimori, Mineharu Nakayama, Noriko Yoshimura, Koichi Sawasaki. “L2 acquisition of continuous events by Japanese EFL learners”. Poster presented at JSLS 2012, 名古屋大学. 2012年7月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Atsushi Fujimori, Koichi Sawasaki. “The L3 acquisition of zibun by Chinese learners of Japanese”. International Conference on Bilingualism and Comparative Linguistics, The Chinese University of Hong Kong. 2012年5月
  • Noriko Yoshimura, Mineharu Nakayama, Koichi Sawasaki, Atsushi Fujimori, Hiroya shimizu. “L2 knowledge at the syntax-pragmatics interface: interpretations of reflexives by Japanese, Korean, and Chinese ESL learners”. Tokyo Conference on Psycholinguistics 2012, Keio University. 2012年3月
  • 藤森敦之「終結性に対応する和語動詞の非低母音-形態素を求めて-」第59回日本中部言語学会定例研究会, 静岡県立大学 2012年12月
  • Atsushi Fujimori. “The non-low vowels mark verbal telicity”. 10th International Conference on Tense, Aspect Modality and Evidentiality. Aston University. 2011年4月
  • Atsushi Fujimori. “The patterns of associating sounds with meanings: the case of telicity”. Poster presented at 2nd Meeting of the Bio-linguistic Network, Université du Québec á Montréal. 2010年5月
  • Noriko Yamane-Tanaka, Atsushi Fujimori. “Harmony in Gitksan”. The Journal of the Acoustical Society of America, Vancouver. 2005年5月
  • Atsushi Fujimori. “Verbal conjugation in Japanese: a phono-semantic account”. Canadian Linguistic Association 2005, University of West Ontario. 2005年5月
  • Atsushi Fujimori. “Independent tense in DP and temporal adverbials”. Northwest Linguistics Conference 20, University of Washington. 2004年5月
  • Atsushi Fujimori. “Unravelment of the binding tangle: forward and backward zibun-zisin”. Workshop on the form and function of pronouns, University of British Columbia. 2003年9月
  • Atsushi Fujimori. “Backward zibun-zisin and binding”. 2003 Annual Conference of the Canadian Linguistic Association, University of Dalhousie. 2003年6月
  • Atsushi Fujimori. “Logophoric zibun-zisin in NP ellipsis”. 19th Northwest Linguistics Conference, University of Victoria. 2003年3月
  • 藤森敦之「日本語話者にみるSubjacencyの作動要因―英語の関係節を例として」第1回日本第二言語習得学会、大東文化大学 2001年5月

○外部資金
  • 平成30年度日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)課題番号18K00834 「日本人の英語習得に影響を与える介在効果の本質をインターフェイス理論から探る」 [研究分担者] (2018年4月~2021年3月)
  • 平成29年度日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)課題番号17K02969 「統語構造と情報構造の接点における英語プロソディの習得−効果的な指導に向けて−」 [研究代表者] (2017年4月~2020年3月)
  • 平成26年度日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)課題番号26770195 「統語論インターフェイスに基づく前置詞習得のむずかしさの原因究明」 [研究代表者] (2014年4月~2017年3月)
  • 平成26年度日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究 (B)課題番号26284077 「インターフェイス理論による第二言語習得研究に基づく明示的外国語指導法の開発」 [研究分担者](2014年4月~2017年3月)

教育・研究に対する考え方

教育:持続力と挑戦力。
研究:当たり前の事象を多角的に見つめ直すことで新たな発見ができるかもしれない。

モバイル表示

PC表示